顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > シャウエッセンの パッケージリニューアルに学ぶ 大幅に変えるときの心得
2022年03月11日

シャウエッセンの パッケージリニューアルに学ぶ 大幅に変えるときの心得

過去の失敗を繰り返さない!

この精神ってとっても大切です。

でも、その失敗って
「過去」のことですよね?

時代が変わった今、
やってみたら
受け入れられることもあるのでは?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

シャウエッセンの
パッケージリニューアルに学ぶ
大幅に変えるときの心得

で、行ってみよーーー!

 

 

シャウエッセンのパッケージ
巾着袋をやめて
通常袋に変わりましたね!


これで28%
年間4,000トンのプラ削減につながるとのこと。

すばらしい!

 

 

パッケージが短くなることを
「断髪式」と捉えた
こちらの動画が再生回数460万回突破している!


涙ながらにパッケージを断髪!
バカバカしいけれど笑えます(笑)

 

 

ところで数年前に
巾着部分を1センチだけ短くして
北海道でテスト販売したことがありました。

その時は売り上げ激減(汗)

小さくなったことで
店頭で貧弱に見えたこと。

それと「内容量が減った」という
誤解を生んでしまったようです。

当時は、パッケージ変更を断念しました。

 

 

その時のトラウマがあって
パッケージを小さくするのは
断腸の思いがあったとのこと。

なるほど。

それを聞くと
「シャウエッセン断髪式」動画も
涙なしには見れなくなりますね!

 

 

しかし、時代も変わって
「見た目より社会貢献」の時代になりました。

「プラ削減」とか「SDGs」
非常に大事な時代です。

 

 

そして、過去の失敗を
繰り返さないようにしました。

店頭POPで
「内容量そのまま」をアピール!

結果、売り上げは変わらなかったそうです。

やりましたね!

 

 

そうなんです。

長年続いたパッケージを
リニューアルする時って
めっちゃ注意が必要なんです。

お客様は商品のことを
「パッケージ」で覚えています。

パッケージが変わると
「まるで違う商品」と
勘違いしてしまうものなんです。

シャウエッセンが1㎝短くなるだけで
「貧相」
「中身が減った」
と思われたのも当然です。

 

 

だから、POPなどで

「パッケージは変わりましたが
中身は同じですよー」

って伝えることが重要です。

 

 


菅藤養鶏場の
菅藤裕美さん(コッコさん)に

たまごパッケージの
リニューアルを頼まれた時のお話。

 

 


10年以上使われていた
旧パッケージから
新パッケージへ!

長年売れている商品だったのですが
大胆にパッケージリニューアル!

かわいいパッケージになったんですが

この時にきっと起こると思ったのが
「顧客離れ」です。

 

 

「あれ?あの緑色のたまご
なくなったわねー」

と思われかねない!

そう思って、コッコさんには
POPをプレゼントしました。

 

 


コッコさんのパッケージが
新しくなりましたPOP

美味しさをそのまま
パッケージをリニューアル

 

 

これによって
パッケージは変わっても
中身は同じですよと伝えたんです。

結果、POPを付けた
店舗では売上アップ!

POPを付け忘れた
店舗では一時的に
売り上げダウンになりました。

※すぐに、POPを付けて
売り上げ回復!

 

 


現在でも売上好調!
喜んで頂けて嬉しいです。

長年売れ続けている商品の
パッケージリニューアルには
細心の注意が必要です。

きちんとお客様に
「中身は同じですよ」
「減ってませんよ」
「環境に配慮しました」
などを伝えていきましょう!

※逆に売れていない商品は
思いっきり変えたらいいですよ!

 

 

本日のお話は

シャウエッセンの
パッケージリニューアルに学ぶ
大幅に変えるときの心得

でございました。

あなたの今日一日が
大胆に行動できる
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

 

 

<本日のお客様>

有限会社 菅藤養鶏場(すがとうようけいじよう)
https://www.fumitama.jp/

〒729-6715
広島県世羅郡世羅町大字下津田59−1
0847-39-1700

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 1 =

ページの上部へ