顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > “よそ者”発想で 売り方の枠を広げる パッケージマーケティング
2022年05月17日

“よそ者”発想で 売り方の枠を広げる パッケージマーケティング

「うちの商品は
1リットルで
1,000円くらいなんだよね」

と固定観念で決めつけてたら
新たなビジネスチャンスを
逃がしてしまうかも!

5倍の価格で売ってみませんか?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

“よそ者”発想で
売り方の枠を広げる
パッケージマーケティング

で、いってみよーーー!

 

 


ボクは「理念と経営」という
経営雑誌を購読しています。

この中に興味深い記事が!

 

 


(月刊『理念と経営』2022年5月号 p.22より)

伝統デザイン工房の
高橋万太郎さんのお話です。

ボクが着目したセリフがこちら!

例えば醤油という商品は
1リットルで1,000円だと
「少し高い」と消費者は感じるだろう。

よって、100mlの小瓶に
500円ほどの値を付ける
高橋さんのビジネスモデルは、

「業界の常識の外」にあるものだった

 

 

そうですよね!

こういった
“業界の常識の外”
の考え方!

めっちゃ大切です。

 

 

おかげで

少量を色々たくさん
試したいという需要や、

小瓶の詰め合わせで
ギフトにしたいという需要が満たされました。

 

 

でも、凄いですよね。

単純には、100mlあたり
100円のものを、500円で売る!
5倍の価格ですよ。

※ 売上の話なので、
利益は、瓶代や醬油を詰める手間などがあって
単純に5倍ではないはずですが。

パッケージを変えただけで!
という発想、大事です。

 

 

パケマツ事例でも
入数を変えることで
単価が上がった事例があります。

それは、ギノーみそさんの
インスタントみそ汁!

 

 

以前は、スーパーで
30食入 1,400円で
販売されていました。

1食あたりだと約47円!
まあ、お味噌汁なんで
そんなものでしょう。

 

 

ところが
販売場所を、お土産物屋さんに!
入数を2食入りに変えました!

もちろん、
パッケージも変わります!


即席みそ汁 2食入ケース 道後温泉バージョン

価格は1箱270円!
つまり、1食あたり135円です。

約3倍の価格で販売されたんです!

 

 

ちなみに、パッケージ裏面は

ハガキになってる!

そうなんです。
思い出をその場で書いて
送れるようになっているんですね。

 

 

ちなみに、他に2種類あります。

 

 松山城バージョン         しまなみ海道バージョン

 

 

なぜ、約3倍の価格で販売できたのか?
それには明確な理由があります。

売り場が
スーパーから、土産物屋になった。

顧客が
主婦から、観光客になった。

入数が
30食入りから、2食入りになった。

価値が
インスタントみそ汁から、思い出になった。

様々なことが変わったので
約3倍の価格でも
受け入れられたんですね。

 

 

こんな風に、
業界の常識を疑って!

パッケージを変えてみること。
検討したら面白いですよ!

 

本日のお話は

“よそ者”発想で
売り方の枠を広げる
パッケージマーケティング

でございました。

あなたの今日一日が
よそ者発想な
一日でありますように!

 

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 11 =

ページの上部へ