顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「ジャケ買い」・・・ではなく、「パケ買い」という言葉が市民権を得てきました!】
2015年01月26日

【「ジャケ買い」・・・ではなく、「パケ買い」という言葉が市民権を得てきました!】

【「ジャケ買い」・・・ではなく、「パケ買い」という言葉が市民権を得てきました!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「ジャケ買い」という言葉はご存じですよね。
市民権を得てます。

wikipediaでも、定義付けられています。
「ジャケ買い(じゃけがい)とはレコードCD、DVD、本などのメディア商品を内容を全く知らない状態で、店頭などで見かけたパッケージデザインから好印象を受けたということを動機として購入すること。ジャケット買いとも」

「パケ買い」という言葉はまだ浸透していませんね。
でも、市民権を得ていると思います。
wikipediaでは、定義づけられていません!

そこで、本日!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの
私(松浦陽司)が定義づけたいと思います!( 笑 )

パケ買い(パッケージ買い)
「パッケージを見ただけで、その商品のことを初めて知ったのに、思わず買ってしまうこと」

これって、いい定義だと思いませんか?

コスメの世界ではすでに完全に市民権を言えていますが、
これからこの言葉は浸透していくと思われます。

パケ買いを生むようなパッケージを生み出していきます!
ありがとうございます。

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

 

パケマツ理念動画はこちら

 


赤字商品が大ヒット商品に化ける
売上がグングン伸びる
パッケージ戦略

ネットショップ
Amazon7ネット楽天ブックス

 

 

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 4 =

ページの上部へ