顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【楽しい未来を迎えに行こう】
2020年12月18日

【楽しい未来を迎えに行こう】

徳島に歓喜が走り抜けた!

やったーーー!
徳島ヴォルティスJ1昇格決定!
おめでとうございます!

12月16日開催の大宮戦での勝利で
残り1試合を残して、
J1昇格が決まりました!

もちろん、徳島ヴォルティスの
J1昇格もすごいのですが、

ボクにはもう一つ、
「すごいなー」と感じていることがあります。

それはハーフタイムに起こった!

徳島のミュージシャン
HighT(ハイト)がハーフタイムショーで歌ったこと!

実はハイトとは縁があって
今年1月に出会いがありました。

そこから時々、会うことがあったんですが
こんなことを言ってました。

「徳島ヴォルティスの
応援ソングを作ってるんです。
いつか公式にしたい」

そーなんです。
徳島ヴォルティスから正式なオファーないのに
勝手に応援ソングを作ったんです(笑)

そして、
ハイトファンの前で歌ったり、
SNSで伝えたり、
徳島ヴォルティスとも関わったと聞いてます。

その努力が実って!

J1昇格を決めるという大事な試合の
ハーフタイムショーで歌うことになったハイト!

これがすごいなと
ボクは感動してたんですよね。

自分から楽しい未来を迎えに行ったなと。

ホント、すごい!

ボクもハイトを見習って

「楽しい未来を迎えに行こう」

と思います。

2020年12月16日(水)

日創研 徳島経営研究会
zoom総会が開催されました。

ボクが2021年から会長を拝命することになりました。
そこで会長方針を発表!

「楽しい未来を迎えに行こう」

コロナで本当にみんな大変です(汗)

困難が向こうからやって来てます。
変化が強制されてます。

困難、困難、困難の連続(汗)

でも、ちょっと視点を変えて考えてみてください。

かつてあなたは

「困難」を楽しんでなかったですか?

ボクは楽しんでましたねー!

小さいころ、
ドラゴンクエストが大好きで
2が出て、3が出て、
次のシリーズが楽しみでしかたない。

そして、
あれって困難の連続ですよね!

最初は弱っちいから(汗)

呪文も使えない。
装備もひのきの棒。

街から出てスライムに会っても
与えられるダメージは
2~3ポイント!

2~3回戦ったら
ひん死になって、アリアハンの城へ帰る(泣)

もー、困難の連続!

宝箱を空けるとミミックだったり(汗)
あと1ポイントでやっつけられる
はぐれメタルに逃げられたり(汗)

でも、それにわくわく!
ちょっとずつ成長していく!

困難、たのしーーー!
って感じですよね!

もし、仮にですよ。

ゲーム開始時点で
レベル99

ヒットポイント999
マジックポイント999
かしこさ、
すばやさ、
ちからさなどのパラメーターも999

イオナズンも
ベホマズンも
ザラキーマも
ザオリクも唱えられる!

それなのに旅に出ると

出てくる敵キャラがスライムのみ!
中ボスもスライム!
ラスボスもスライム!

困難ゼロ!

これって、楽しくないよねー。

そうなんです。

人って本来、

「困難は楽しい」はずなんです。

コロナによって
困難が向こうからやって来てくれます。

だったら、どうせなら
困難をこちらから迎えに行っちゃいましょう!

そう!
今こそ勇者のように
冒頭のハイトのように
旅にでましょう!

「楽しい未来を迎えに行こう」

これが徳島経営研究会の
2021年度の会長方針です。

そして、実は本日12月18日は
ボクの誕生日です。
46才になりました。

「楽しい未来を迎えに行こう」
ボク自身の46才のテーマにします!

さ、このブログを読んでいるあなたも
一緒に、楽しい未来を迎えに行きませんか?

<追記>

金村会長!
2年間お疲れ様でした。

金村会長はこのコロナという有事の中
本当に変化対応が求められる
経営研究会の運営をしてくださいました。

来年、ボクがこの会長職を
引き継がせて頂くことになっております。

「楽しい未来を迎えに行こう」

そんな経営研究会運営ができたらと思います。

金村会長!ありがとうございます。
みなさん、よろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + nine =

ページの上部へ