顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <エクスマ本『やっぱり「モノ」を売るな!「体験」を売れ!』を参考にお客様にメッセージを>
2016年03月29日

<エクスマ本『やっぱり「モノ」を売るな!「体験」を売れ!』を参考にお客様にメッセージを>

今日は大阪へ日帰り出張でした。
行きと帰りの移動は高速バス。

もう私にとっては高速バスの中はもはやオフィス!
SNSもメールもできるし、読書もできるっ!
快適空間ですね。

行きのバスの中ではお客さんの問い合わせの返信メッセージを書いてました。

参考図書は、エクスマ師匠・藤村 正宏さんの
「やっぱりモノを売るな!体験を売れ!」です!

エクスマでは
「どんな人に喜んでもらいたいの?!」
「伝えたい相手は誰?」ということを大切にします。

例えば飲食店がチラシを出すとして、
「家族連れ」も「宴会の幹事」さんだと呼びかけが違うということ。

「20名の宴会を準備する幹事さん」をイメージするとしたら?
お店の外観写真よりも
料理のアップ画像よりも
「どんな部屋があるんだよー!?」ということが気にかかります。

エクスマ事例で、ホットペッパーの広告を
料理のアップから、お部屋の様子に変えて2.7倍の集客になった事例もあります。

もし「小さい子供がいる4人家族のお母さん」なら何が欲しいか。
それはこんなことではないでしょうか?
「子供に食べさせても安心なものかしら?」

エクスマ事例でこんなチラシがあります。
「私たちは自分の子供に食べさせたいものしか出しません!」
萩原店長が顔出しでオススメ!
さらに実際に萩原店長の娘のりこちゃんの顔出し!
そして、128%!
すごいっ!

伝わりましたか?!
この「記事が面白いな~」と思ってくれた方は、よかったらこの事例が載っているエクスマの本はこちらです!

やっぱり「モノ」を売るな!「体験」を売れ!

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + four =

ページの上部へ