顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <なんで私はこんな重くて無駄な鎧を着込んでるんだろう?エクスマ エヴァンジェリストでの体験>
2016年12月10日

<なんで私はこんな重くて無駄な鎧を着込んでるんだろう?エクスマ エヴァンジェリストでの体験>

2016年12月8日(木)
エクスマ エヴァンジェリスト合宿in宮島錦水館の2日目!
本当に私にとっては重しにしかなってない鎧がポロポロポロポロ剥がれていくような体験になりました。

IMG_6663
この日は一日かけて、30分間の自己プレゼンをメンバー同士で発表。
サポート講師やメンバーに聞いてもらってのフィードバック。
私も4番目で発表させて頂きました。

IMG_6492
サポート講師のガナーズの勝村大輔さん(かっちゃん)や佐藤ゆかりさん(ゆかりん)の言葉が刺さります。
実は前回もかっちゃんとゆかりんにフィードバックを受けてました。
「なに、マツはカッコつけようとしてるんだよ?!」
「この写真がなんかイラやらしいな」
「自分のこと偉い人間だと思わせたいの?」

どうやら、私が着込んでいる鎧はこんな鎧。
「強い人間でありたい」
「カッコよく見せたい」
「偉いと思って欲しい」

ところが、、、
そもそも、なんのためにそんな鎧を着込んだんでしょうね?
ひょっとしたら、「周りは全て敵」って思ってたのかな?
だから、強く、偉そうじゃないといけないと思い込んだのかな?
それが、スライドや発表にも現れちゃって、なんか嫌らしく聞こえるんだろうな。

会社には信頼してくれてる社員さんがいて。
一緒に商品開発を楽しむお客さんがして。
エクスマではこんな風にしっかりとフィードバックしてくれるサポート講師や仲間がいて。

「周りは敵」じゃないっすね。
ホントに「味方だらけ」です。

だから、素の自分を出したらいいんだな。
強がらなくても。
カッコつけなくても。
偉そうにしなくても。

IMG_6523
なんだか、この「鎧」って必要だったんだろうか?
発表して、フィードバックを受けて、直して、また発表して・・・。
エクスマ エヴァンジェリストを受けて、どんどん鎧が剥がれて、素の自分が出てきてる感じがします。

2回連続で聞いてくれた かっちゃん や ゆかりんから
「だいぶ、良くなったね」と言われて、めっちゃ嬉しかったです。

「うん、でも、マツ、まだまだだから」としっかり追加フィードバックもありましたけど(笑)
こんな風に温かく接してくれてありがとうございます。

IMG_6589
エクスマ創始者 藤村正宏師匠もアドバイスしてくれました!
「マツはさ、カッコつけなくていいんだよ。
友達に話しているように、友達と接しているように、素でいいんだよ」
有り難いお言葉ーーー!
ありがとうございます。

エヴァンジェリストコースはあと1月と2月の2回を残すだけとなりました。
まだまだやるぞーーーー!って気持ちになってます!
もっと、感謝の気持ちが出せるようにしっかりと行動していきます!
ありがとうございます!!

PS
IMG_6663
最後の記念撮影!
ニックネーム「タイソン」の嶋倉さんが早退したところに、マイクタイソンがーーーっ(笑)

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =

ページの上部へ