顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <臨場感のあるイベント報告ブログの書き方5ステップと、簡単バージョン3ステップ>
2017年04月10日

<臨場感のあるイベント報告ブログの書き方5ステップと、簡単バージョン3ステップ>

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

趣味はSNSです。
だから、ブログも毎日書いているんですが、特にイベントなどがあった時は定期的にアップしてます。
「臨場感ある報告だねー」なんて言われると嬉しくなることもあります。

実は昨日の「論理的な文章の書き方」と通ずるのですが、イベントの場合の「臨場感のあるイベント報告ブログの書き方」というのも意識してます。
我流ではありますが、紹介させていただきますね。

<臨場感のあるイベント報告ブログの書き方5ステップ>
1 どんな内容
2 会場の雰囲気
3 簡単な内容
4 私はこう感じた
5 まとめ(御礼)

こんな感じで書けばいいんです。
ちょっと先月のエクスマ東京を題材に例文を書いてみました。

1 どんな内容
この間は東京でエクスマセミナーでした!
テーマ(内容)は「常識からの逸脱」!


2 会場の雰囲気
会場は渋谷のカルチャーカルチャー!
めっちゃかっこいい会場!
そこに超満員の100名が参加して熱気に溢れてました。

3 簡単な内容
セミナーで終始、伝えていたのは「常識に囚われず変化」していくことって重要だなということ。
だって、時代が激変!
技術の革新によって、古い技術・職業そのものがなくなっちゃう「技術的失業」がボンボン起こってる!

4 私はこう感じた
本当に私たちは考えなくては行けません。
「今の本業がなくなったらどうするの?」

5 まとめ(御礼)
本当にこれからの時代、
「常識に囚われず変化」していくことが大切ですね!
藤村先生、ありがとうございます。

こんな感じになりますね。
いかがですか?


そしてちょっと短縮版の3ステップ。
<簡単バージョン 3ステップ>

1 どんな内容
2 簡単な内容
3 まとめ(御礼)

さっきの2の「会場の雰囲気」と、4の「私はこう感じた」がないバージョンです。
例文です。

1 どんな内容
この間は東京でエクスマセミナーでした!
テーマ(内容)は「常識からの逸脱」!

2 簡単な内容
セミナーで終始、伝えていたのは「常識に囚われず変化」していくことって重要だなということ。
だって、時代が激変!
技術の革新によって、古い技術・職業そのものがなくなっちゃう「技術的失業」がボンボン起こってる!

3 まとめ(御礼)
本当にこれからの時代、
「常識に囚われず変化」していくことが大切ですね!
藤村先生、ありがとうございます。

こんな感じです。
ブログでは5ステップで、FacebookやTwitterでは3ステップで書くといいですね。

もちろん、これは私の書き方のパターンです。
もし、ご参考になれば嬉しいです!


さ、その常識に囚われず変化してくことの大切さ!
私もエクスマ藤村師匠と共に、4月13日に大阪のエクスマセミナーで少しお話させて頂きます!
少しでもヒントになれるようなことが話せるようにがんばります!

きっと「エクスマ、来てよかった」と思いますよ!
詳細内容やお申し込みはこちら!
https://www.ex-ma.com/blog/archives/6811

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + two =

ページの上部へ