顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売り場で埋もれずよく目立ち、商品価値を高めながら、従来とは違う顧客を獲得するパッケージマーケティング】
2015年11月18日

【売り場で埋もれずよく目立ち、商品価値を高めながら、従来とは違う顧客を獲得するパッケージマーケティング】

【売り場で埋もれずよく目立ち、商品価値を高めながら、従来とは違う顧客を獲得するパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今日の話は
売り場で埋もれずよく目立ち、商品価値を高めながら、
従来とは違う顧客を獲得するパッケージマーケティングについてお話させて頂きます!

例えばですが「だし昆布」を販売するとします。
しかも、ドラッグストアで!
ドラッグストアに来る人は若い主婦層が多いですね。

誰に・・・若い主婦
何処で・・・ドラッグストア

この条件が決まっています。
そこに「だし昆布」を売るのですから、普通に考えたら売れません!
だって、若い主婦は「だし」はとりません!
手軽に便利のさっとできる顆粒だしがいいわけですから。

では、どうやったら選んでもらえるのか?

何を・・・だし昆布
これは決まっているのですから、パッケージで若い主婦に「買う理由」を伝えないといけません!

買う理由として
「ひと手間ちょい足しごちそうメニュー」を伝えることにしました。
顆粒の手抜きではないんだ!
ひと手間かけることによって、ごちそう体験ができるんだと伝えます。

「今日の私は「三ツ星シェフ」よ!」
この手間をかけることで、
主婦は三ツ星シェフになれることを想像してもらいたい!

「ひと手間入れるだけで食事がぐっと楽しくなります!」
(製造部の八木がおススメします)
同じく、ひと手間で食事をしている八木さんからのおススメコメントが入ることで信憑性が高まりますね。

・・・ということで出来上がったパッケージがこちら!

konbu2-590x590

日高食品工業さま「今日は昆布」
http://www.hidaka-foods.co.jp/index.html

実際にはドラッグストアコスモスで販売しております!
予想通り、若い主婦にウケているようで、
10ヶ月で2万袋ほどが売れるヒット商品になっております!

さあ、そろそろ寒い鍋の季節になってきました!
「今夜は鍋にしようかしら?」と思ったアナタは、
コスモスで「今日は昆布」を探してみてくださいね!

日高食品工業さま「今日は昆布」
http://www.hidaka-foods.co.jp/index.html
兵庫県姫路市花田町勅旨30番地の1
Tel. 079(251)1152 Fax.079(251)1153

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =

ページの上部へ