顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【素材の安心感、味の信頼感まで伝わりそうなFARMUS(ファームス)木島平のトマトケチャップパッケージ】
2016年10月3日

【素材の安心感、味の信頼感まで伝わりそうなFARMUS(ファームス)木島平のトマトケチャップパッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

パッケージで大切なのは、中身商品のことを伝えること。
色で、形で、ネーミングで、キャッチコピーで、写真で、イラストで、伝わらないとないのと同じだから。

「トマトケチャップ」といえば、カゴメさんが超有名!
あのチューブ式のパッケージが、もはやアイコン!
目印になっていて、「トマトケチャップ」と聞いたら、カゴメさんのパッケージを思い出す方が多いのでは?

そんな消費者意識のあるなかで、同じようにトマトケチャップを出しても仕方ない!
本日は「FARMUS(ファームス)木島平」さんのトマトケチャップ事例を紹介させて頂きます。

ファームス木島平 トマトケチャップ

うわー。
ビン詰め!
それだけで高級感がアップする!

さらに掛紙を本当のトマトのようにしちゃう!
しかも、ちょっと青いのと、完熟のと、2種類あるのがニクい演出!

一見して「トマトケチャップ」と分かりつつ、
「スーパーで売っているのとはまったく別モノだ」と分かります。
しかも、素材の安心感や、味の信頼感まで伝わって来ますね!

あ!
ちなみに、​FARMUSとはFARM(農場)とUS(わ​たしたち)を掛け合わせた造語だそうです。
長野の木島平にある6次産業の新しいスタイルだそうです。

ちなみに、パッケージに品名もネーミングもないのは、この施設内でしか売っていないから!
POPなどを添えるだけで、十分に伝わるんです。
これをスーパーや、各地のお土産物屋さんに置くと、このパッケージはNGになっちゃいますから要注意!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − 2 =

ページの上部へ