顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【理論か?感性か?パッケージ開発はどっちで行うんだ?!村のおっさん桑原豆腐店の場合】
2016年10月12日

【理論か?感性か?パッケージ開発はどっちで行うんだ?!村のおっさん桑原豆腐店の場合】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は岡山県は津山にある豆腐屋さんの早瀬食品さんに訪問させて頂いておりました!
こちらで新商品のパッケージを開発中。
うーん、楽しみです。

さて、その時に話していた内容。
「村のおっさんの商品開発ってすごいですよね!」

うん、村のおっさんとは、
昨年の「日本一旨い豆腐を決める品評会at京都」の充填豆腐部門で日本一に輝いた徳島の佐那河内村の豆腐屋さん。
だから本当に旨い豆腐屋さんなんです。

その村のおっさんの最新商品がこちら!

neko

「ネコ豆腐」!!

うおー!
これはかわいい!!
・・・いやっ、これは、かわいいと言うのか(笑)?!

豆腐なのにネコが登場してます。
この商品がなぜ「ネコ豆腐」になったのか?
ことの発端はこんな感じ。

もともとは「青大豆を入れると豆腐が緑色っぽくなる」からスタートして。。。
こんな会話がありました。

おっさん「この豆腐、ピッコロ豆腐にしようと思ってるんです」
パケマツ「いやいや、それはアカンでしょう」
おっさん「やっぱり?!」
パケマツ「商標で完全にアウトですよ!」
おっさん「いろいろメンドイな」
パケマツ「いろいろ考えないとね」
おっさん「じゃあ、ナメック豆腐ってどう?!」
パケマツ「いやいや、ドラゴンボールから離れましょう!」
おっさん「そう?!」
パケマツ「そうそう、集英社から離れましょう」
おっさん「じゃあ、、、、ニャめっく豆腐ってどう?!」
パケマツ「いやいや、根本は一緒やから!」

なんて会話があって、一体、どこに向かうのやら???(笑)

パケマツは普段、結構、理論的にパッケージデザインを組み立てて行きます。
でも、直感や感性で一気に仕上げることがあります。

こちらのネコ豆腐の場合、
結局、J子さんがネコのイラスト書いてくれました!
もう、「ネコ豆腐」で決定です。

そこでパケマツの言うこと聞かないデザイナーの桑原基輔が
「何故ネコ豆腐なのかもっとストーリーつけましょう」と依頼。

最終的に、ネコ豆腐の理由は
「ニャめらかだから」
「“ネ”バリと“コ”クがあるから」
になりました(笑)

この話を早瀬さんにしたら笑ってましたねー。
「村のおっさんの感性は素晴らしい!」

ちなみに、このネコ豆腐!
今年開催の「中四国で一番旨い豆腐を決める品評会at香川」の「おぼろ豆腐部門」でNo.1になった豆腐!

いよいよ今週!
10月15~16日開催の「日本一旨い豆腐を決める品評会at熊本」に出展する豆腐なんです!
ほんとに旨いっすよ!

ぜひぜひ、チャンスがあったらご賞味くださいねーーー。

<お問い合わせ先>
有限会社 村のおっさん桑原豆腐店
http://muranoossan.com/
住所 徳島県 名東郡佐那河内村上字宮前64-3
電話番号 088-679-2409
営業時間 08:00 ~ 20:00

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + 10 =

ページの上部へ