顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【気をつけて!あなたは6倍のカロリーを摂取しているかも知れない!パッケージの栄養成分表示の注意点】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年02月6日

【気をつけて!あなたは6倍のカロリーを摂取しているかも知れない!パッケージの栄養成分表示の注意点】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

最近、ダイエットをしているもので、栄養成分表示の「カロリー」の部分がとっても気になります。 
普段は見ないような「栄養成分表示」までよく見ちゃいます。

あ、栄養成分表示ってのはこんなのです。
パッケージの裏面や底面などに、一括表示と並んで書かれていることがあります。

実はこの栄養成分表示ですが、大きく3つのパターンに分かれてます。
製造販売会社は知っておくと消費者に間違った印象を与えない。
消費者はカロリー計算がより正確になる!

栄養成分表示の3パターン!
1)100g当たり
2)1袋(1パッケージ)当たり
3)1粒(1包装、1個)当たり

順番に解説しますね。

1)100g当たり
多いのは「100g当たり 100kcal」という表示。
100g当たりとかのカロリーを表示します。

でも、ここでチェックして欲しいのが「1袋 200g入り」だったりすることがあるんです。
つまり、なんとなく「あー、これは100kcalだ」と思って全部食べちゃうと、
実は200kcal食べちゃってることがあるんです。

逆に「1袋 50g入り」なのに、100g当たりでカロリー表示している商品もあります。
このような表示をしていると、消費者に「100kcalもあるんだー」と敬遠されちゃうかも?!

2)1袋(1パッケージ)当たり
上記の誤解を避けるためには、1袋(1パッケージ)当たりのカロリーを書けばいいんです。
「1袋当たり 50kcal」と表記しておけば、問題ないですねー。

3)1粒(1包装、1個)当たり
これは業界の裏技になるかもしれない。
こういった表示でもいいんです。
例えばこれ!

IMG_9188[1]
1粒あたり 31kcal

この商品、実は6粒入ってます。
でも、1粒あたりのカロリー表示をしているんですね。
「あ、そんなにカロリーが少ないんだ!」と勘違いして食べると、6倍のカロリーを食べている(笑)

これらの栄養成分表示についてですがどうして統一されずにこんなバラバラになるのか?
法律が統一されてないからなんですよね。

統一してくれた方がいいんだけどなー。
私は個人的には2)1袋(1パッケージ)当たりが一番消費者にわかりやすいと思ってます。
どないですか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =

ページの上部へ