顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【商品イメージをそのままパッケージの色にした「みかも木履」】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年07月20日

【商品イメージをそのままパッケージの色にした「みかも木履」】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

「パッケージのメインカラーはどうやって決めるの?」
ってことで、一昨日ブログを書きました。

もっともストレートなのは「アイコニックカラー(象徴的な色)」
・・・ということで、
なると金時バームクーヘンの事例を紹介しました。

要するに「中身商品と関連性のある色」を使うと、覚えられやすいですね。
七味なら赤。
醤油なら黒。
塩なら白。

そういった色使いのパッケージにすると、
中身商品のイメージが想像しやすいので、覚えられやすいんです。

だって、例えば「わかめ」のパッケージを作ります。
パッケージが「真っ赤っか」だったら
店頭で「わかめ」って分かりますか?

そういう話です。
(これに付いてはもちろん多くの例外もあるのですが、後日書きます)

「みかも木履」が桐下駄を製造してます。
でも、単なる桐下駄じゃないんです。
日本初、世界初の、「ジーンズなどのカジュアルにある桐下駄」なんです。

桐下駄がなぜこの世からなくなりつつあるのか?
結局、服装のカジュアル化についていけなかったからです。

しかし、みかも木履の金村盟社長は考えます。
「日本の気候にあった桐下駄」
「日本人の足型にあった桐下駄」
「なくなるのはおかしい」

ということで、「ジーンズに合う桐下駄」開発を始めます。
それが「みかも木履」

「どうしたら、ジーンズに合うんだろう?」
「過去の下駄はまったくジーンズに合わない」

それは「色」でした。
下駄の木目はいいんですけど、あの鼻緒の色が合わなかったんです。


そこで下駄の鼻緒をスウェットにしたんですね。
グレーとか生成りの。
すると、あら不思議!
ジーンズに、カジュアルスタイルに、合うようになりました。

・・・ということで、
パッケージはもちろんグレー!
スウェットを象徴する色になりました。


とっても履き心地よくって、
誰も履いてないからおしゃれに見える「みかも木履」!
凛も気に入ってます。

ひぜひ、ホームページも見てみてくださいね!
みかも木履
http://mikamomokuri.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − seven =

ページの上部へ