顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【市場(いちば)と市場(しじょう)の違い】~顧客の都合を考えるとパッケージの単位が変わる~
2018年02月23日

【市場(いちば)と市場(しじょう)の違い】~顧客の都合を考えるとパッケージの単位が変わる~

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。
昨日のブログに書いた「いろどり」横石社長のお話の中で、「パッケージの役割が大事」って言われてました。
うん、その通り(笑)

その中で話があったのが、市場(いちば)と市場(しじょう)の違い。

市場(いちば)は農産物を「Kg」で出荷したがる。
例えば柚子の箱だと1.5kgがメイン。
これは昔の出荷単位がそのまま残っているんだと思います。
出荷する側の都合。

ところが市場(しじょう)では違う。
飲食店などの仕入れは「柚が3個欲しい」など「個」なんですよね。
「1Kg」って言われても、結局何個入ってるかわからない。
仕入れにくいんですよ。

だから、いろどりが出荷するパッケージは「枚」とか「個」で管理している。
これが素晴らしいなー。
常識に縛られてない。

ちなみに、パケマツでもこんなことがありました。
徳島県の西部、三好(みよし)の中村ファームさんから「1.5kgの柚子パッケージのデザインをして欲しい」と依頼を受けました。

img_yuzu
こんな感じかな。
1.5kgで15個くらい入ってる。

でもどこで売るのか聞いたら、道の駅とかネットってことだったんです。
うーん、15個も柚子いるかな?
いやー、絶対いらないわ。道の駅なら手土産用だし、2~3個あれば十分!

そう思って「3個入りのパッケージを作りましょう」提案したらびっくりされてました。
そして出来上がったパッケージがこちら!

yuzufukuro
「天空の徳島柚子」

産地がとっても標高の高い「天空」と呼ばれている土地柄であることから命名。
3個入りで買いやすいですよね。
手提げスタイルでさらに買いやすい!
マット(曇りガラス)調の素材で、中身が高級に見えるのがいいでしょう?

あ、ちなみにパッケージの左半分が大きくスペースが空いてます。
実はこれは道の駅などで販売するときは必ずバーコードシールが貼られます。
このスペースをわざわざ取ってあるんです。

ちなみにこんなんもあります。
tenku
天空の徳島柚子 贈答用パッケージ
だいたい、8~10個くらい。
これは贈答用で、入数は手土産よりは多い。けど、通常の1.5kgよりははるかに少ないというパッケージ。

パッケージの単位は農産物でも「個」とか「枚」の時代ですね!

<追伸>
めっちゃ久しぶりに東京で講演をすることになりました!
豆腐資機材フェア「SOYMEX」(ソイメックス)ってイベントの中の講演なんですけど、
ボク以外にも素晴らしい講演が多数!
全国の油揚げや豆腐の試食会(有料)も行われるってことでめっちゃ楽しみです!


あ、ちなみにボクのセミナーも他の講師のセミナーも無料!
事前申し込みは特に必要なく、直接会場に来てくれたら大丈夫です。

東京の皆様、ぜひお会いしましょうね!

【イベント名】
豆腐資機材フェア「SOYMEX」(ソイメックス)

【日時】
2018年4月21日(土)・22日(日)
初日  10~17時
二日目 10~16時

【パッケージマーケティングセミナー】
4月21日(土)13:00~13:50
競争より共創
~これからの豆腐のパッケージ戦略~

※これはボクのパートだけで、他にも豪華なセミナーが2日間に渡って目白押しです!
詳しくはチラシ裏面を!

【場所】
東京ビックサイト
東京都江東区有明3丁目11-1

【参加費】
なんと0円です!

【お申し込み】
特に必要ありません。
当日、直接会場までお越しくださいね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =

ページの上部へ