顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージを売り場で目立たせるための3ステップ】
2018年05月20日

【パッケージを売り場で目立たせるための3ステップ】

「商品を売り場で目立たせたいんです!」
ってことで、パッケージを考えられる方も多いです。
デザインどうこうより、物理的に「パッケージの形状」で目立たせる方法があります。
今日はケースの場合で、「パッケージを売り場で目立たせるための3ステップ」でお話しますね


普通のパッケージは四角く作ります。
それだ紙も少なくて済むし、パッケージも組み立てやすいのです。
これが悪いってワケじゃないんですけど、もっと目立たせるためには、大きく見せることが必要です。

ステップ1
POPをパッケージに付けてみる!

例えばこんな感じ。


土佐あかうしカレー

そう、パッケージにPOPが付いてる。
牛の部分が飛び出してますよね。
これだけでもちょっと目立ちます。


昔、ワンクスさんのシャンプーなどのケースを作った時も、
価格部分をPOPのように立ち上げました。

ステップ2
手提げにしちゃう


こんな感じですね。
手提げをつけると、手提げ部分も展示効果があるのです。
ちなみに、「手に提げやすい」ってメリットもあります。


はっきり言うと、上部のスペースには何もないってないことがほとんどです(笑)
でも、かわいさも増すので、いい形状ですね!

ステップ3
思いっきり形状を変える


東京まるてぃーら
おお、かわいい丸い形状のパッケージ!

実は収納スペースはパッケージの中心部だけなんです。
でも、この丸いお菓子を包むにはいいパッケージ!
可愛いし目立ちますよね!

・・・ということで、パッケージを売り場で目立たせるための3ステップでした!
ご参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − 2 =

ページの上部へ