顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【マイルドセブン 少ない面積でもタールの量を間違えないようにパッケージで識別】
2012年04月18日

【マイルドセブン 少ない面積でもタールの量を間違えないようにパッケージで識別】

【マイルドセブン 少ない面積でもタールの量を間違えないようにパッケージで識別】

こんにちは。松浦 陽司です。
私はタバコは吸いませんが、今日はタバコのお話。


「マイルドセブン」
発売以来、白字で左側にブルーの縦帯が入っているデザインが採用されておりました。

それだと「タールの量を間違ってしまう」人が続出!
これを解決するためにパッケージ自体を変えてしまいました。

 

それが現行のパッケージ。
全体を青地にして、
タールごとにパッケージ色を丸ごと変えてしまいました!

タールが薄いほど、青も薄く、
タールが濃いほど、青も濃くなります。

これにより、間違いが少なくなりました。

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にコンサルコーナー!

「色のよる識別」で間違い防止できるのはカイゼンの基本!

実は中小企業でもよくあることなんです。
一括表示のシールで、全て黒で作ってしまう。
同じ黒なので、栗味と、ぶどう味のシールを間違えてしまうこともよくあります。

そこで、栗は茶色、ぶどうは濃い紫でシールをつくる。
これで現場の人にも一目瞭然になります。

同じ1色シールで、価格も変わりません!

※もし、シールにバーコードがある場合
赤やピンクの色はバーコードが読みとれません。
読みとれない色の注意だけはしないといけません。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + three =

ページの上部へ