顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【サクラクレパス×日本酒 「純米吟醸 ほまれ麒麟」 ノルタルジーなパッケージマーケティング】
2013年03月30日

【サクラクレパス×日本酒 「純米吟醸 ほまれ麒麟」 ノルタルジーなパッケージマーケティング】

【サクラクレパス×日本酒 「純米吟醸 ほまれ麒麟」 ノルタルジーなパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

誰もが知っている「サクラクレパス」!
このパッケージを見るだけで、幼いころを思い出します。

人は「懐かしいな~」と思うものに惹きつけられる
「ノスタルジー普遍の法則」を持っております。

さて、サクラクレパスネタ第2弾です。

サクラクレパス×日本酒
純米吟醸 ほまれ麒麟

外箱パッケージはもちろん、サクラクレパスそっくりなパッケージ(笑)
そして、ラベルデザインはクレパスの作風を活かしたデザイン!
子犬や桜のパッケージが可愛いです。

ちなみに、ビンは飲んだ後も小物やコップとして使えるエコなパッケージです!

こうやって、パッケージを手元に残しておいて貰うことで、
何度でも「サクラクレパス」や「ほまれ麒麟」を思い出してもらえますね。
ブランド再生、ブランド再認を強めます。
(ブランドについてはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11476504860.html )

それにしても、このパッケージマーケティングは大きなことを教えてくれます。
「コラボする」ということです。

自社だけでどうにかしようとすると、どうにもならないこともあります。
ひょっとしたら、貴方のその商品も、他社とコラボすることで光り輝くことがあるかも知れませんね!

ちなみに、先日書いた「サクラクレパスタオル」ネタはこちらです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11499577280.html

本日のネタは、川田まんぢう(吉田商店)の吉田恵子さんに教えて頂きました!
吉田さん、有り難うございます!!

川田まんぢうのフェイスブックページに、ぜひ「いいね!」を!!
http://www.facebook.com/kawatamanju

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =

ページの上部へ