顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【発売後実質6ヶ月で8億円売れた「のっけてジュレぽん酢」 新需要を喚起するパッケージ】
2014年10月21日

【発売後実質6ヶ月で8億円売れた「のっけてジュレぽん酢」 新需要を喚起するパッケージ】

【発売後実質6ヶ月で8億円売れた「のっけてジュレぽん酢」 新需要を喚起するパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2011年2月21発売で1年間で売上8億円を達成したのが
「のっけてジュレぽん酢」(ハウス食品)です。
実は震災の影響で実際の発売は8月になったので、
実質は半年で8億円です。

「ぽん酢をジュレ状にしてしまう」という新発想の商品。
本来であれば、お客様たちは何に使っていいのか分かりません。

そこでパッケージマーケティングの出番です。
●シーンを伝える
●危険性を排除する
●新ジャンルであることを伝える
ということをパッケージで表現しました!

●シーンを伝える
パッケージには、とんかつに、サラダに、冷奴に!
こんな食べ物にのっけて食べるんだよというシーンを伝えます。

●危険性を排除する
初めてのモノにチャレンジするのにはやっぱり抵抗があります
パッケージに「ノンオイル」を表記することで、
「まぁ、それなら一度、試してみようか」という気にさせます。

●新ジャンルであることを伝える
通常の「ぽん酢」と言えば、黒っぽいパッケージの印象がありますね。
それを「白」のパッケージで包んで上げることで、
「新ジャンル」であることを、視覚的に伝えます。
和風調味料から、洋風調味料へのイメージ転換ができました。

これらのことを通して、実質半年で8億円売れる商品になりました。
素晴らしいパッケージマーケティングです!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − five =

ページの上部へ