顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【残業中や仕事帰りの電車の中など、モノを食べにくい時に、こっそり噛んでコバラがまぎれるガム】
2014年11月3日

【残業中や仕事帰りの電車の中など、モノを食べにくい時に、こっそり噛んでコバラがまぎれるガム】

【残業中や仕事帰りの電車の中など、モノを食べにくい時に、こっそり噛んでコバラがまぎれるコンセプトのガム】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

アナタがガムの商品開発を担当しており、
このような課題が与えられます。

「残業中や仕事帰りの電車の中など、
モノを食べにくい時に、
こっそり噛んでコバラがまぎれるコンセプトのガム」

さて、どんなパッケージやネーミングを提案するでしょうか?

ヒントは「伝わらなければないのと同じ」
お客さんに伝わりやすいネーミング、キャッチコピー、パッケージデザインがいいですね。

さて、答えの一つ。
お口の恋人 ロッテさんはこのような商品を開発しました!

2013年10月リニューアル発売!
コバラがまぎれるガム pucoo(プクー)

分かりやすいですね~!
「コバラがまぎれる」というキャッチコピーで、コンセプトのがよく伝わります。

「プクー」という品名も、少しお腹が膨れるイメージを持たせてくれます。

商品名がキャッチコピーより小さい(笑)

コバラがまぎれてニッコリしているパッケージデザインも分かりやすい。

実はこの商品は同2013年3月に
違うキャッチコピー、違うネーミング、違うパッケージで発売されていました。

それはこちら。
「コバラのスキマにプクー」

「コバラのスキマに」では、ちょっとコンセプトが伝わりにくかったようです。
パッケージデザインも綺麗なんですけど、
フルーツやミントが主体でした。
肝心の“コバラがまぎれる”が伝わりにくかった。

「伝わらなければないのと同じ」
伝わりやすいパッケージマーケティングが必要ですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 3 =

ページの上部へ