顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ご存知ですか?長年愛されるパッケージの意外な2つの共通点とは?】
2015年09月18日

【ご存知ですか?長年愛されるパッケージの意外な2つの共通点とは?】

【ご存知ですか?長年愛されるパッケージの意外な2つの共通点とは?】

お世話になります。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日の質問はペンネーム「温故知新ガール」さんからです!
質問!
「長年愛されてパッケージも殆ど変わっていないロングセラーのパッケージってありますか?」

はい、ありますよ。
2014年グッドデザイン・ロングライフ賞を参考に紐解いてみましょう!

第3位!
カロリーメイト!
1983年に販売開始依頼、32年間ほぼ変わらぬパッケージです。

14L001292_01_880x660

発売当時、日本人のライフスタイルが変化による朝食抜きや栄養の偏りが問題視されていた時だったそうです。
その時にいつでも手軽に5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)がとれる「カロリーメイト」が登場!
あの時は私は小学生でしたが、びっくりしましたね!
「バランス栄養食」という新しいジャンルを確立しました。

実は、ロゴは2003年に若干細くなったそうですが、それくらいの変更だけです。
(一般で気づいた人なんていないでしょうね~)

第2位!
セメダインC!
1938年に販売開始、77年間ほぼ変わらぬパッケージです。

14L001269_01_880x660

まだまだ工業弱小国だったころの日本で、とっても性能の良い接着剤のセメダインCを発売。
戦争中に一時生産中断したそうです。
その後、模型飛行機ブームにのって増産!
今のパッケージデザインになったのは、戦後復興期ごろからだそうで、皆さんご存知の黄色地に黒で赤字抜きという、カラフルパッケージになりました。
大正〜昭和期の商品としては相当珍しい英語表記の商品名で、舶来品イメージを強調したんだそうです。

そして、いよいよ第1位!
ミルクキャラメル!

14L001291_01_880x660

1913年の発売からなんと102年!
東京大正博覧会のときに紙サック入りのミルクキャラメルパッケージになったそうです。
当時からほぼ変わらぬパッケージで発売されているんですね~。

いやー。
素晴らしいですね。
こうやって、ロングセラーのパッケージがあるって。

それにしても3つ並んで見ると、とっても不思議です。
2つの共通点がありますね。

1)黄色
全て「黄色」主体のパッケージなんですよね。
ちょっと私もびっくりしています。

2)ブランドカラー
そしてもう一つ、共通点はブランドカラーであること。
カロリーメイトはかろうじて中身も黄色と言っていいかも知れませんが、
セメダインは中身は透明です。
ミルクキャラメルは茶色です。

コーラが黒い液体なのに、赤のイメージがあるように、
しっかりとしたブランドカラーを作り上げているのです。

ロングライフデザイン賞に黄色パッケージが重なったのはたまたまだと思います。
(コーラも赤ですしね)

しかし、こうやって「ブランドカラー」を作っている商品が、パッケージが、やっぱり長年愛されるのですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − seven =

ページの上部へ