顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 出版・執筆 > <パケマツ企業訪問してくれた城南高校の吉岡さんと多田さんが「売れパ」の感想文を送ってくれました!>
2017年11月22日

<パケマツ企業訪問してくれた城南高校の吉岡さんと多田さんが「売れパ」の感想文を送ってくれました!>

この間、パッケージ松浦に朝礼見学&企業訪問しに来てくれた双葉塾の吉岡麻衣さんと多田遥喜さん!

ボクの本『売れるパッケージ ~5つの法則と70の事例~』を読んでくださって、感想まで送ってくれたんです!
ありがとうございますっ!

基本的には「マーケティング本」に当たる本なのですが、そーーーかーーー!
学生さんが新鮮な気持ちで読んでくれると、「仕事感」の要素も感じてもらえるんですね。
嬉しい話です。

お二人の感想をシェアさせて頂きます。

<城南高校2年 吉岡麻衣さん>

まず、この本を読み終えて一番最初に感じたのは「パッケージを作るってこんなにもおもしろい仕事なんだ‼」ということです。売れるパッケージを作るためにいくつもの戦略やお客様に対する作りての思いや工夫がいくつもあって考えれば考えるほどたくさんの答えが見いだせるのだと知りました。どうすればたくさん商品が売れるのか、どうすればお客さんの心に響くパッケージが作れるのか、そんな作り手の熱意や思考が70の事例からうかがえたような気がします。

私たちがよく目にする有名なお菓子にも、今売れている秘密がパッケージに隠されていたり、パッケージがなくては商品自体のお客様に伝えたい思いや強みも伝わらなかったり、商品を売るにあたってのパッケージの重要性は絶大なものなのだとわかりました。

だからこそ自分の作ったパッケージの商品がたくさん売れれば、すっごく嬉しいし、逆にあまり売れなかったり、アイデアが思いつかなかったりしたら辛く苦しいと思うかもしれません。しかし、そのようなことを含めてやりがいのあるお仕事だなと感じました。


<城南高校2年 多田遥喜さん>

まず、伝わってきたのが松浦さんのこの仕事にかける熱意です。社内見学に行った時に、松浦さんは「自分はパッケージを売らないパッケージ屋だ」と仰っていました。初めはこの言葉の意味が良く分かりませんでした。しかしその後に、松浦さんは「自分は”パッケージ”を売っているのではなく、”安心安全”と”販売促進”をお客様に届けていることに気づいたんだ」ということも仰っていました。

この本は5つの法則と70の事例を使って、「パッケージを売らないパッケージ屋」とはどう言うことかを、わかりやすく説明していた本でした。そして、お話を聞くだけではうかがい知れない自分の予想を遥かに上回る程の知識とアイディアと熱意が伝わってきました。

「どうすればお客様により手に取っていただけるか」という一つの目的から、ひと目でわかるデザインにすることや、ダジャレを効かせてみること、ターゲットをどこに絞るか、などの様々なパッケージのアイディアと、それを手がける松浦さんの凄さを改めて実感しました。

自分はその仕事に向かう姿勢から多くを学び、そして将来の為のヒントを得られたと思います。勉強とパッケージマーケッターがどう繋がるのか、と思われるかも知れません。ですが、この本に書かれていたものの一つに「変化することを楽しもう」とありました。事例の一つに、なんとあのローマ法王に米を食べていただき、それをブランドにした人がいると書かれていました。これは仕事を楽しまないと出来ない事だと書かれていましたが、まさにその通りだと思います。つまり、「物事を楽しめるのなら、人はここまで行動することが出来る」ということを、この本から得ました。

正直に言うならば、自分は勉強も今の人生も楽しめていません。ですが、松浦さんなら「良かったですね!これから楽しくなる一方何ですから!」ときっと仰ってくれるでしょう。この「楽しくなる」は、つまり人はいつでも変われるという事だと僕は思います。なぜなら、変化することを楽しめるのなら、楽しくなるために変化するということも出来ると思うからです。

この本と出逢い、これから自分も勉強も人生も、変化させて楽しもう、と思いました。


以上です!
いやー、お二人にこんな風に感じてもらって嬉しいです!
こちらこそ過分な文章を頂いてありがとうございます!!!


また、ご引率くださった双葉塾の阿部翼先生にもとっても感謝しております!
ありがとうございます!!

写真に唯一、写っているのがこれだけでしたー!
撮影までしてもらって、ありがとうございます。

さらに、さらに!
動画まで作ってくたんです!

よかったら、こちらの動画もご覧下さいませ!
ボクが見ても感動的です(笑)
ありがとうございます。


売れるパッケージ5つの法則と70の事例

あ、

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 1 =

ページの上部へ