顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島盛和塾 > <四国TLO辻本和敬さん&JALセールス坂本優子さんの盛和塾経営発表>
2018年12月7日

<四国TLO辻本和敬さん&JALセールス坂本優子さんの盛和塾経営発表>

適正な危機感ってなんだろうか?
人の優しさって何処から生まれるんだろうか?

なかなか答えの出ない問題かも知れません。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

2018年11月29日(木)
盛和塾<徳島>の忘年例会に参加に参加しておりました。


テクノネットワークサービス四国(四国TLO)の辻本和敬さん!


JALセールス坂本優子さん!
お二人の経営発表を聞かせて頂き、勉強させて頂きました。

辻本さんの言葉でとっても印象的だったのは
「3年何もしなくても会社が潰れないくらい蓄えないと」


ボクは聞いてて「えーーー」と思いました。
四国TLOは近年、いい経常利益で推移しているんです。


それなのに「売上最大、経費最小」で
「紙一枚でも大切に使え」
「来年があると思うな」と経営されているんです。


坂本さんの言葉では
「感謝することで、人間は謙虚になれ、人にも優しくなれる」

坂本さんはJALが以前に破綻したときの当事者。
「なぜ破綻したのか?」を反省する。
「それでも乗ってくれるお客さんがいる」と感謝する。


そこからが再生のスタートだったとのこと。
感謝、反省、謙虚さが必要なのですね。

お二人共、すばらしい発表をありがとうございました!!


そして、この日。
2019年の世界大会へ向けての、中四国ブロック選考会に出場する
徳島塾の代表を決める選考会が開催。
今年、経営発表をした8名から1名が選出されました。

代表者は、、、
株式会社ナカヤマの中山秀之社長です!

ボクの大好きな経営者の一人!
ぜひ、中四国ブロック大会を突破して、
世界大会に出場してもらいたいです!
応援してます!

<追記>
ザ・パシフィックハーバーの料理は絶品です!

カテゴリー | 徳島盛和塾

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

ページの上部へ