顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島県中小企業家同友会 > <「辞めた奴が悪い」って言ってる経営者には耳の痛い話>
2018年05月23日

<「辞めた奴が悪い」って言ってる経営者には耳の痛い話>

2018年5月19日(金)
徳島県中小企業家同友会の例会に参加しておりました!

徳島の絶好調企業!
高橋ふとん店の高橋武良社長の発表です!
「社員と共に会社を成長させる」
~人を生かす経営の実践~

高橋ふとん店は出店や拡大をどんどんしていきました。
その最中に悩みにぶつかります。
「売上が上がるけど、上がれば上がるほど仕事が増えて、体が大変になっていく」
「このままじゃ、どこかで体を悪くしてしまう??」

だから「人を採用しよう」ってことになるんだけど、
全然、いい人が来てくれない。
「でも、しょうがない。これは田舎の布団屋だから」と高橋社長は思っていたそうです。

そんな時に、同友会で聞いた言葉
「花には蝶がやってくる、うんこにはハエがやってくる」
「いい人が来てくれないのは、あなたがうんこだからだ」
この言葉に「うーん、まさにそうだ!」と感銘した高橋社長は「花にならないと」と決意します。


ちなみにグザっと来た「経営者の言い訳」話。
社員さんが辞めた時にこんな言い訳をする人が多い。
新卒の場合は「辞めた奴が悪い」
中途の場合は「どうせまた次の会社も辞めるわ」

でもちょっと考えてみると
新卒は何社も会社を見て入ってくる。
「辞めた奴が悪い」と考えるのは無理がある。
中途だって同じ。
じゃあ、やっぱり会社が、経営者が変わらないといけない。

理念、つまり「会社として大事にすることを決めて、大事にし続ける」を明確にして経営しないと。
そこから高橋ふとん店の経営が変わっていったそうです。


実際に高橋ふとん店でやっている会議のアイスブレイクやワークなどをやりながら
とっても楽しい例会でした!
高橋社長、ありがとうございます。

まとめ
①何のための共育かという目的目標を明確にすることが重要
②教育だけ独立して考えるのではなく三位一体経営の中で、他の施策と連動させていく
③伝わらないのを前提として、どう伝えていくかを考える
④即効性にこだわらず、微力を積み重ね、少しずつ前進していく
⑤共育を通じて理念の浸透を図り社風を企業文化へと高めていく

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =

ページの上部へ