顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <「筆ペンPOPで年末年始を彩ろう!」 藤森圭二さんの筆ペン委員会開催>
2016年12月18日

<「筆ペンPOPで年末年始を彩ろう!」 藤森圭二さんの筆ペン委員会開催>

2016年12月16日(金)
日創研 徳島経営研究会 広報活性化委員会
「筆ペンPOPで年末年始を彩ろう!」が開催されました!

IMG_7106
講師は筆ペンの達人 藤森圭二氏!
徳島経営研究会のメンバーです!

IMG_6913
もちろん、レジュメも筆ペン文字っす!

IMG_7043
藤森さんは冒頭に語ってくれました!
「筆ペンを1000日続けられたらヘタも味になります」
「10000日続けられたら達人になります」
継続することの楽しさを伝えてくれます。

IMG_7038
「自分の気持ちの整理のためにも文字を書いたほうがいい」とも言われていました。
藤森さんは紙を見ると、筆ペンで文字を書きたくなる衝動に駆られるそうです。
そして、自分の気持ちを文字にしていく。
そうすると、不思議と嫌なことがあっても、切り替えが早いそうです。

IMG_7036
さらに言われていたのが
「奥様や子供に“ありがとう”とか伝えてますか?私(藤森)はちゃんと伝えてますよ」
・・・はい、一同反省(笑)

IMG_7037
そしていよいよ実践練習タイム!
まずは自分の名前の練習!
藤森講師が書いてくれた見本文字に習って書いてみます。

IMG_7152
なかなか方を崩せない人に対して言われていた言葉も印象的でした。
「習字と筆ペンはまったく別物なので、崩しても、塗り直しても、文字の大小こだわらなくてもいい」
「この概念(固定観念)を外せないのは真面目すぎる証拠なんですよ」

IMG_7151
うん、どうしても人にあるのが概念(固定観念)です。
「習字だと、ここはこう払うべき!」
「止めをしっかりと」
「跳ねるべき場所だ」
そう思っちゃうし、ストッパーがかかるのですが、
筆ペンではそれを外せと言われます。

IMG_7153
考えてみたらいろいろな概念(固定観念)に囚われて、枠を外せないのが私たち。
筆ペンを習うことで、これを外す練習にもなっていますね。
発想力が豊かになりそうです。

IMG_7154
それでもなかなか書けない人に熱心にアドバイス。
個別指導に熱がこもります。

IMG_7108
さて、講座の終了。
みんな、自分の名前を味のある筆ペン文字で書くことができて免許皆伝??
みんなが持ってる用紙の一番上が見本文字。
二番目が最初にレクチャーを受ける前に書いた文字。
一番下がレクチャー後に書いた文字。
全然違いますね😄

IMG_7150
みんなの笑顔が楽しかったことを物語ってます!
藤森さん、皆さん、ありがとうございました!

IMG_7106

IMG_7105

IMG_7104

IMG_7094

IMG_7093

IMG_7090

IMG_7089

IMG_7088

IMG_7075

IMG_7072

IMG_7071

IMG_7066

IMG_7065

IMG_7063

IMG_7062

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 1 =

ページの上部へ