顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【モーニングキスしちゅう?】~高知経営研究会 特別例会へ参加~
2019年07月16日

【モーニングキスしちゅう?】~高知経営研究会 特別例会へ参加~

<日創研 高知経営研究会 特別例会に参加してきたぜよ!>

2019年7月12日(金)
高知経営研究会が特別例会を開催するとのことで
徳島経営研究会のメンバー11名で高知へ!

会場は香川、愛媛、徳島からも人が集まり
300人以上居たと思います。
めっちゃ、盛り上がってました。

<講師はアイ・ケイ・ケイ株式会社 金子和斗志氏>

人口5万人の町、佐賀県伊万里市で
お父ちゃん、お母ちゃん、お兄ちゃんの
いわゆる「3チャン企業」のホテルからスタートした会社!

やがて、 ララシャンズというブライダル事業を営むようになり
東証一部へのサクセスストーリー!

<モーニングキスの4つの効用>

例会冒頭!
いきなり金子講師が「モーニングキスをしてますか?」と会場に質問!

参加者が一瞬、面食らったようになりました。
「なんで、こんな質問をするのか?」って、目が白黒!

これには深い意味がありました。

なんと!
モーニングキスをしている夫婦には
4つのすごい幸せが訪れるそうです。

1 旦那さんの平均寿命が5歳伸びる
2 旦那さんの欠勤率が半分以下
3 交通事故が激減
4 給料が30%上がる

マジかーーーー!

<思考は現実化する~思わないと、思ったようにならない~>

事業継承時に、父親から学んだことが3つあるそうです。

1 自分のさせたいようにする
2 人の悪口批判しない
3 大ぼらを吹け

1 自分のさせたいようにする

金子さんが事業継承した後は、父親は一切口出ししなかったそうです。
自分で決めたことが一番、やる気がでるし、責任を取れるから。

2 人の悪口批判しない

天に向かってつばを吐くようなもの
自分に返ってくるから、するなってことだそうです。

3 大ぼらを吹け

金子さん自身、売上3億円の時に「上場する」って言ってたそうです。
周りの人は、バカにする人もいたそうですが
「上場するって思わないと、上場できない」と金子さんは言われました。
思いの強さが、現実を変えていくのですね!

ちなみにm
オリンピック金メダルをとるような人は、
小学校の時から「金メダルを取る」と言ってるそうです。

<理念経営とは?>

まず、思わなければ始まらない。
会社においては、理念になります。

理念の中には「こうなりたい」という思いが溢れています。
これを「必ずやり遂げるぞ」と思わないと、
理念経営ではないのです。

<屋台人生バラエティ社長ナイツで語った「ダメもと」精神>

過去を振り返り、初めてのホテルを任されたときのことも話してくれました。

ホテルの予約台帳が全く埋まっていない!
焦りを感じまくった金子さんは
「ダメもとで、飛び込み営業してみよう」と決意し、実行されたそうです。
ホテル業界では、営業は非常識!

金子さんは「ダメもと」という言葉を非常に大事にされておりました。
だから、飛び込み営業を開始したそうです。

「20の客室に、3つの宴会場があります。
御社訪問に県外の方が来られるときの受け入れの時に宜しくお願いします。」

その後も、調理スタッフが酒を飲みながら料理を作って
言うこと聞かない時は
「ダメもと」で自分で調理師免許をとり、自分で厨房へ入ったそうです。

ブライダル事業を開始したときは
「ダメもと」で
「この辺りに結婚する人はいませんか?」と聞いて回ったそうです。

そのおかげで、その当時は「結婚情報は酒屋で情報が集まる」ということを知り
1年目で100組を達成したそうです。

なぜ、「ダメもと」でやるのか?
それは「やっとけばよかった」と後で後悔したくないからだそうです。
「やれることは、ダメもとでも全部やる」
そんな思いで行動されていたそうです。

<懇談会での質疑応答>

経営研究会の懇談会は学びの場!
100名以上も残った懇談会上で、
ボクも質問させて頂きました!

「アイ・ケイ・ケイの幹部である松本さんは
“金子の夢についてきただけです”と言われています。
そこまで幹部に言わせる、金子さんの関りの姿勢は?」

金子さんは即、答えてくれました。

「失敗しても許す。
責任は社長であるボクがすべて取る」

なんて、男前な!
金子さん、貴重な学びをありがとうございました。

徳島経営研究会のメンバー

徳島経営研究会 会長 金村盟さんの乾杯挨拶

真剣に聞く徳島メンバー

例会冒頭の高知経営研究会 河添会長挨拶

懇談会での伊丹さんの質疑応答

香川経営研究会 中島会長のご挨拶

徳島経営研究会 石橋副会長の、徳島特別例会ご挨拶!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =

ページの上部へ