顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > 【学習の4段階を駆け上がろう】~わかっちゃいるけど、できない苦しさ~
2020年01月25日

【学習の4段階を駆け上がろう】~わかっちゃいるけど、できない苦しさ~

「挨拶が大切って分かってる!でも、できていません」

そんな方、多いと思います。
でも、大丈夫!
そんなもんです。

2020年1月21日(火)に開催された
土佐洋さんでの社内勉強会。

「主体性」の話からスタートしたんだけど、
それってなかなか継続できないもんなんです。

「あー、やっぱり今日もできなかった」
で終わってはもったいないですよ。
明日もチャレンジしてみませんか?

ということで、こんなお話をさせて頂きました。

学習における4つの段階

※画像出典

<1段目>無意識・無能(意識してないし、できない)
<2段目>有意識・無能(意識してるのに、できない)
<3段目>有意識・有能(意識していると、できる)
<4段目>無意識・有能(意識してなくても、できる)

人は誰でも、最初は1段目からスタートするんです。

<1段目>無意識・無能(意識してないし、できない)

「挨拶が大事」ということすらわかってません。
だから、挨拶できません。

<2段目>有意識・無能(意識してるのに、できない)

「そうか、挨拶って大切なんだな」と知ります。
でも、昨日までやってなかったのに、
いきなり、今日から明るい挨拶ができません。
恥かしいし、タイミングも分からないし。
それでも、失敗してもいいので、何回かやってみるのです。

<3段目>有意識・有能(意識していると、できる)

やがて、「挨拶が大切だから」と意識してたら挨拶ができるようになります。
でも、ここで気を抜くとどうなるか?
意識してない時はできないという、2段目に下がるのです。
そう、2段目と3段目は行ったり来たりするのです。
でも、続けていて、
10回に1回できていたものが、
10回に5回できるようになり
10回に10回できるようになると、更に進化します。

<4段目>無意識・有能(意識してなくても、できる)

そう、意識を全くしてなくても、元気な挨拶が当たり前になっているのです。

<松浦的2段目、3段目を行ったり来たり>

女性脳と男性脳は違います。

男性脳は解決脳。
女性脳は共感脳。

女性の話には「こうしろ」なんて解決方法を言いたくなるのですが、
女性は共感して欲しいだけなので「そうだね、そうだね」と話を聞けばいいのです。

分かってます。
意識してますよ。

だから妻の話を聞きます。
「そうだね、そうだね」
3分経過
5分経過
まだ、意識できてます。
3段目に居ます。

ところが、10分経過
意識してるんです。
それでも、言っちゃうんです。
「それって、何も解決になってないよね。こうした方がいい」
あーあ、2段目に下がっちゃいました。

そう、人は2段目と3段目を行ったり来たりするんです(汗)
分ってるのにできない自分に苦しみます。

<苦しい段目と、楽な段目>

人生の卓越者ともいえる4段目の人。

ここまで言った人は楽なんですね。
意識してないのに、できるから。

2段目と3段目の人が苦しんでいるのに、
4段目は楽なんですね。

でも実は!
もう一つ、楽なポジションがあるんです。

それは実は「1段目」の人。
意識する気もない、できない、けどいいじゃん。
これって楽なんですよ。

考えないと言ってもいいかも知れません。
考えないから楽なんです。

でも、人間だから、このポジションにとどまってたらダメですよね。
1段でも上に上がれるように意識していこう!

10回に1回できるようになる。
10回に5回できるようになる。
10回に10回できるようになる。
無意識・有能の4段目です!

そんなことを語り合った素敵な時間でした。
土佐洋の皆様、ありがとうございます!!

<土佐洋の経営する花まぐろの料理>

実はまぐろ以外も美味しい!
ぜひ、行ってみてね!
「花まぐろ」
https://www.hana-maguro.jp/

<おまけ>

とにかく結婚したまえ
良妻なら幸福者になれるし
悪妻なら○○○になれる

これはソクラテスの名言!
一体、○○○の中には何が入るのか?

答えはこちら!

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 3 =

ページの上部へ