顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > 【流行ってないのに潰れない高級レストランの謎】~土佐洋様 社内セミナー~
2020年02月24日

【流行ってないのに潰れない高級レストランの謎】~土佐洋様 社内セミナー~

Q.ランチタイムもディナータイムも全くお客さんの居ない高級フランスレストラン。
でも、長年、潰れずに営業をしています。
なぜ、潰れないのでしょうか??

2020年2月21日(金)
高知の土佐洋さんの社内セミナーに呼んで頂きました!
開催場所は「花まぐろ」です。

土佐洋社長の馬詰さんが毎年、ボクを呼んでくださっていて
ホントに光栄です!

土佐洋は
須崎市に「いちばん船
高知市に「花まぐろ」という飲食店を経営されています。

社内セミナーの、アイスブレイクで出したのが冒頭の質問です。

Q.ランチタイムもディナータイムも全くお客さんの居ない高級フランスレストラン。
でも、長年、潰れずに営業をしています。
なぜ、潰れないのでしょうか??

不思議ですよね。
飲食店と言えば、売り物はランチやディナーです。
それが売れていない状況なのに、潰れないって。

土佐洋メンバーにも聞いてみました。

「分からないなー」
「給食とかやってるんじゃない?」
「お土産を販売してるとか?」

いろいろと考えてくれました。
ありがとうございます。

ちなみに、答えはこれでした。

A.アイドルタイムに主婦向け料理教室を開催している

高級フランスレストランとしては、
アイドルタイムに料理教室ができる。

主婦としては「高級」なフレンチの師匠に
学べるというブランドが付く。

お互いにメリットを出しているんですね。

ちなみに、このクイズの出展はこの本です。

「さお竹屋はなぜ潰れないのか」(2005年)

「固定観念を脱却し、いろいろなアイディアを自由に発想する」

という意味合いで、最初に紹介させて頂きました。

社員さんも一生懸命にセミナーに取り組んでくれて
実行計画を考えたり、発表したりしてくれました!

<追記、、、というか、本番は懇親会(笑)>

そして、夜は花まぐろで懇親会!
土佐洋グループの「まぐろ」はヤバいです!

元々、まぐろ漁船を作っていた土佐洋が
「せっかく、船作ってるんだし、釣りに行くか」
と、まぐろを獲りに行き始めました。

すると
「せっかく、まぐろ獲ってるんだし、店出すか」
と、いちばん船や、花まぐろをつくったのです。

普通、まぐろを釣ってくると
仲買業者にまぐろを持って行くのが普通ですが、
土佐洋グループでは、先にいいマグロだけ抜いちゃうのです!


だから、いいマグロがお店で出てくるのは必然!


これは「カマトロステーキ」です。
肉のような噛み応えもあり、絶品!


カツオのたたきも、高知なのでもちろんあります。

もー、オススメなので、
高知市内では「花まぐろ
須崎市内では「いちばん船」に行ってみてね!

ちなみに、前回の土佐洋さんでのセミナーの一部がこちら

<一人ひとりが会社の代表~主体性を持つ~>

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − six =

ページの上部へ