顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【商品のパッケージと中身、人の外見と内面による考察】
2020年04月5日

【商品のパッケージと中身、人の外見と内面による考察】

「商品はパッケージと中身、どっちが大事?」

って聞かれるのと

「人は外見と内面、どっちが大事?」

って聞かれるのと、
基本的に同じだと思うんですよね。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

さてさて、「人は外見と内面、どっちが大事?」ですが
ボクの答えは「両方大事」です!

そりゃ
「内面が素晴らしかったら、外見はどうでもいい」
って人もいるとは思うんですが、
外見が超ダメダメだったら、ちょっとそれも辛いでしょ?

逆に
「外見がめっちゃ素晴らしいけど、内面むちゃくちゃ」だったらどうでしょう?

「うわっ!外見サイコー!福山雅治そっくり!
でも、付き合ったら、女癖は悪いし、ギャンブルにおぼれてるし、酒癖も悪くて、女性も殴る」

うわー、こんな男最低ですね。

さて、これを例えばお菓子の場合の「商品のパッケージと中身」で考えて見ましょう。

「うわっ!パッケージサイコー!めちゃキレイ!
でも、食べて見たら、まずいし、食べにくいし、体に悪い」

これって、最悪じゃないですか??

パッケージが「もう二度と買ってたまるか」という目印になってしまうのです(汗)

人で考えるとよくわかる。
「外見と内面、どっちも大事」

商品で考えても同じ!
「パッケージと中身、どっちも大事」ですよね。

いい商品にはいいパッケージを着せてあげましょう♪

before→after事例



before
この「ソフトすり身」も。。。



after
「仕込みの達人」にリニューアルすることで
展示会で反響を呼んでいるようです!

詳しい解説はこちら!

【飲食店のオーナー救出大作戦】~大市珍味「仕込みの達人」シリーズ発売開始~

<大市珍味はこちら>
株式会社 大市珍味SMS
https://daiichinmi.co.jp/
〒545-0021 大阪府大阪市阿倍野区阪南町4丁目17番1号 永楽ハイツ1階
TEL:06-6625-7667
FAX:06-6625-7171
mail: dc08@oak.ocn.ne.jp

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =

ページの上部へ