顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売上げを上げたければ○○を変えろ!】~ほめ達 西村博さんのFacebookライブに出演させて頂きました~
2020年06月10日

【売上げを上げたければ○○を変えろ!】~ほめ達 西村博さんのFacebookライブに出演させて頂きました~

「目の前の人や物・商品やサービスなどに独自の切り口で価値を見つけ出す価値発見の達人」

そう言った人のことを、
「ほめる達人」、略して「ほめ達」と言う。

昨日はその「ほめ達」特別認定講師
西村博さんのFacebookライブにゲスト出演させて頂きました!


動画はよかったらこちらからご覧ください。

テーマは
「売上げを上げたければ○○を変えろ!」

まあ、ボクのことを知っている人なら
「ああ、どうせ、松浦さんのことなんで、○○のところはパッケージが入るのね」
と思っていたと思うのですが、その通り(笑)

パッケージを変えたら、売上が上がった事例をいくつか紹介させて頂きました。

例えばこの「ひじき」

実はとってもいいひじきなんです。

特徴は
「中身は完全に徳島県産のひじきだけしか入っていない」ってこと。

競合品は、中国産だったり、
国産があっても「国産」で
日本のどこで作ったかは分からない。

「さー、あなただったらどんなパッケージ&ネーミングにする?」

って聞いたら、いろいろとコメントが入ってきました。

「あばばいひじき」

徳島の言葉(阿波弁)で「眩しい」という意味の「あばばい」を使用。
なるほど。
方言で徳島をイメージさせるのか!

「徳島県産の体も心も得するひじき」

いいですねー。
ご自身がどんな体験を得られるかがしっかりと入っています。

「どうかごひじきに」(ごひいきに)

なるほど!
ダジャレ来ましたか!
小林製薬風ですね♪

いろいろとご意見をありがとうございます。
これで販売したバージョンも試してみたいなー♪

ちなみに、実際にはこんなパッケージで販売しました。


「徳島生まれの徳島の漁師によるとくしま漁連がおすすめするひじき」

ネーミングに3回も徳島が入っているので
絶対に中国産とは思いません(笑)
完全に徳島産であることが伝わります。

一気に、2系列のスーパー23店舗に採用!
その後、お土産物屋さんを中心に販路が広がったというパッケージです。

このように「ほめ達」でほめるポイントを探さないといけませんね。

「このひじきは徳島産100%だからそれを伝える」って。

「ほめ達」とは「目の前の人や物・商品やサービスなどに独自の切り口で価値を見つけ出す価値発見の達人」

ですからね。

西村博さん、登場させて頂き、ありがとうございました。

ちなみに、西村さんには過去に2回
パケTubeにご出演して頂いたことがあります。

ほめる達人 西村博さん来る ~牧商店「ちっかーず」竹ちくわのパッケージ開発~

売り場が悲惨 だからこそ考えた ~赤玉 父さんのまくら~

ぜひ、西村ファンのあなたには
ご覧頂けると嬉しいです♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + seventeen =

ページの上部へ