顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【商談の成約率を上げるには最初に「○○○ー○」を見せる】
2020年07月27日

【商談の成約率を上げるには最初に「○○○ー○」を見せる】

商談の時に、誰もが思いますよね。

「成約率を上げたいっ」

だから、入念に準備をして
自社のパンフレットなんか持ち出して

当社の社歴、
いかに歴史があるか、
取り扱い商品、
過去にどんな成功を収めたのか、
自社の理念、
関係企業、
など長々としゃべる人がいらっしゃいます。

はい、ボクなら聞いてて苦痛です。
ストレスだらけ。
成約率はその時点でぐっと下がります。

じゃあ、どうしたらいいの?

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

商談の成約率を上げるための結論!

それは

「商談の最初にパッケージを見せる」

これです!

報連相の鉄則にもあるじゃないですか。

「まず、結論から喋りなさい」

具体的にはこんな感じです。

<大市珍味さんが商談をした場合の営業トーク>

まずは、商品パッケージをご覧ください。

インパクトあるパッケージでしょう?
まず、ネーミングにご注目ください。
「仕込みの達人」とされています。
これは居酒屋オーナー向けに「あなたの代わりに仕込みを済ませておきました」という
コンセプトを伝えています。
そして、オーナーの代わりのインパクトある料理人がパッケージのメインになっています。

<解説>

こんな感じですね。
いきなり、パッケージに表記された結論から入れるので
お客さんもストレスなく商談できます。

好感度も持ってもらえて、成約率があがるでしょう。

流れとしてはこんな感じ。

1)パッケージを商談の冒頭で見せる

2)パッケージの解説をすることで商品の魅力を伝える

3)商談相手にストレスがない

食べ物であれば「じゃあ、試食してみよう」になる。

ね、商談成約率が上がりそうです。
ぜひ、商談のお供にパッケージ!

※本日のブログは、こちらのキャッチコピーライター吉免高志氏YouTubeを
がっつりとリスペクトさせて頂きました!

商談で取引相手に商品をスムーズに理解してもらう方法

ぜひ、合わせてご覧くださいませ!
「なるほど」と感じます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

ページの上部へ