顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【このレジ袋、いわばマイバックじゃないか】~ハレルヤスイーツキッチンさんのSDGs対応パッケージ~
2020年08月13日

【このレジ袋、いわばマイバックじゃないか】~ハレルヤスイーツキッチンさんのSDGs対応パッケージ~

日本がSDGsに対する取り組みとして
レジ袋が有料化されました!

それでも「お客様のために」ということで
レジ袋を環境にやさしいものに変更して配布している企業があります。

そのほとんどの企業は
「バイオマス配合」のレジ袋にしているのですが、
実は違う方法があるのです。

それは「厚みを50μm(まいくろめーとる)以上にする」ということ。

これの方がSDGsでうところの


12 つくる責任 つかう責任

を果たしているのではないかと思うんですよね。

バイオマスのレジ袋は、
植物性由来の原材料がレジ袋に使われているということで
「環境に配慮している」という観点で無料で配ってもOK。

※イオンなどの大手は
バイオマスにした上で、有料にしているといます。

さて、もう一つの無料でレジ袋を配布する方法。
厚み50μm以上のレジ袋を使っているのが、ハレルヤスイーツキッチンさんです。

見た目は普通のレジ袋のように見えますが

片面の一部に、

「この袋は50μm以上あり、繰り返し使うことが推奨されています」

と書かれております。

そうなんです。
厚みを上げるってことは、「何度も使える」ってことなんです。
丈夫なので。

言わば、これば「マイバック」!

バイオマスのレジ袋は使い捨て。
50μmのレジ袋は繰り返し使用。

ハレルヤスイーツキッチンさんのレジ袋は
SDGsにかなり貢献していると思います。
いかがですか?

ハレルヤスイーツキッチン
http://hallelujah-sweets.com/hask.html

ハレルヤスイーツキッチンの他のパッケージネタ。
象潟さんとのコラボパケTubeも合わせてご覧くださいませ。

秘密のイベントが発生する!集めて嬉しいハレたんステッカー!

<追記>

「SDGs」って言われてもよく分からないですよね。

略さずに言うと「Sustainable Development Goals」
うーん、まだわからない。

日本語で言うと「持続可能な開発目標」
いやいやいや、まだ分からないなー(笑)

そこで読んだ本


「Q&ASDGs経営」

もっとも納得したフレーズは、

SDGsは「発信型三方よし」

であるということ。

「持続可能な開発目標」って言われてもピンと来ないけど、これならよくわかる。

昔は、陰徳善事 と言って、
言わなくてもわかる文化でしたけど、今は発信が必要!

「お前ら、分かれよ」ではなく
「ちゃんと、伝える」という世の中!

「伝える責任」を痛感しました。
パケマツもSDGsに取り組んでいきます!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 19 =

ページの上部へ