顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【スーパーに買いに来る人が好むパッケージの2大特徴】~市岡製菓さんの なると金時 芋きんつばが大人気出荷中~
2020年11月2日

【スーパーに買いに来る人が好むパッケージの2大特徴】~市岡製菓さんの なると金時 芋きんつばが大人気出荷中~

新商品開発は無から生み出すもの!
0から1じゃないと、新商品ではない!

・・・そんなことないんじゃない?
パッケージのちょっとした変化でも、それは立派な新商品開発です!

市岡製菓の芋きんつばが現在、
東北方面のスーパーへ大人気出荷中なんです!
うれしいなー。

その商品とはこちら!


なると金時 芋きんつば3個入り

実はこの商品は、パッケージをまとめたという新商品開発なんです。

通常はこちらの1個入りで販売されています。

その商品のスーパーでの販売を強化したいということで、
スーパーに来られる顧客のことを考えます。

<スーパーに買いに来る人が好むパッケージの2大特徴>

1)3~4個入りパッケージを好む
2)中身がわかるように、パッケージにシズル感を出す

順番に解説しますね。

1)3~4個入りパッケージを好む

ほら!
スーパーに来る人と言うか、日本全体で核家族化が進んでいます。
だから、納豆やプリンは3個入りパッケージ。
ヨーグルトなどは4個入りパッケージが多いでしょ!

だから、3~4個パッケージが好まれるのです。


この件に関しては、ぜひこの動画の4分00秒から観て欲しい!
もっと詳しく解説してます。

2)中身がわかるように、パッケージにシズル感を出す

スーパーに買いに来る人は
「自分用」か「自宅用」かの場合が多いのです。
だから、中身が見えない商品を嫌がる傾向があります。

だって、自分が食べるのに、何が入っていると分からないのではねー(汗)

だから、パッケージでお芋やお菓子の断面をしっかりと見せて
しっかりとシズル感を伝えてますねー。

※シズル感
食べ物や飲み物の広告写真で、食欲や購買意欲が刺激される感覚。おいしさや新鮮さなどを購買者に訴えかけるセンス。
Weblio辞典より

ちなみに、この写真は
市岡製菓の桑渕さんと田村さんがパケマツにご来社してくれて、
パケマツ桑原基輔氏が撮影したものなんです。


だから、この1個の芋きんつばを


3個にまとめるパッケージを新たに作っただけと言えます。

無から有。
0から1ではないんです。

今ある商品をどうパッケージ(組み合わせ)するかという発想!

3個にまとめ、シズルを感じるパッケージを作る!
それが新商品開発なんです!

それが現在、東北地方のスーパーにヒットしてどんどん出荷されているそうです!

ちなみに、こんな感じの十字パッケージに3個折り込んでおります。

パケマツと一緒に、こんな新商品開発してみませんか?

市岡製菓様、今回はご採用ありがとうございます!

市岡製菓(株)
住所: 〒770-8023 徳島県徳島市勝占町中山39−12
電話:088-669-3203
http://www.ichioka-seika.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − two =

ページの上部へ