顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【我家の天才画伯博覧会】~パッケージを思い出に残るモノに~
2021年02月4日

【我家の天才画伯博覧会】~パッケージを思い出に残るモノに~

まずはこちらの

「不二家 ミルキー袋 120g×6袋」

パッケージをご覧ください。

はい。
いたって普通のパッケージです。

ペコちゃんが可愛いですね~。

次にこちらをご覧ください。

おや?
なんだかおかしいぞ?!

並べてみますか。

うわっ!
右側のペコちゃんに
色を塗り忘れているやん(汗)

天下の不二家がこんなミスを。。。

・・・なんてワケないじゃないですか(笑)

これは不二家の遊び心!

プラごみ削減で、
プラスチックパッケージから、
紙パッケージに変えたもの。

その時に、紙の特性を生かして
「ぬり絵」ができるようにしたパッケージなんです。

ぬり絵を楽しみ!
ぬった絵を「#ぬってみるきー」の
ハッシュタグで
SNSに投稿しても楽しめます。

すぐに捨ててしまうパッケージが
こうやって手元に残るパッケージになる!

「パッケージを思い出に残るモノに」

この考え方、面白いですね

ちなみに、このパッケージリニューアルが
2020年8月25日に行われました。

ところで!
この「ぬり絵パッケージ」のアイディア。

実はパケマツでも
2016年に
とある得意先に提案したことがあるのです。

得意先から頂いたコンセプト!

「思い出に残る紙袋」

これを実現する紙袋です!

その時に、娘の凛が
4~5才のころを思い出しました。

いつもお気に入りの
「赤いバッグ」を持って
出かけてました。

ちなみに、中身は
松ぼっくりやどんぐりなど(笑)

小さい女の子って
バッグが好きみたいですね。

小さい時の凛だけではなく
凛の友達たちも
けっこう、自分のバッグを持ってました。

そうだ!

と思って、提案したのがこちら!


「天才画伯の紙袋」

紙袋に、女の子や男の子の
輪郭だけ書いておきます。

あとはお好きに
「ぬり絵」ができる。

これ、楽しくないですか?

画像の塗り絵は
実際に子供たちに書いて貰ったものです。

「自分の子供が作った紙袋」

になります。

子供はきっと
自分で作った紙袋
大切に持ち歩いてくれる!

もし、プレゼントで
じいちゃん、ばあちゃん、
パパ、ママが貰ったら

「わが子供が書いてくれた紙袋」

として、
大切に長年、保管してくれるに違いない!

さらにですよ!


「我家の天才画伯博覧会」

なんて、
ネットや店頭で公開してあげると、

「ああーーー、ボクの紙袋だ」
「私の塗り絵が採用されて嬉しい」

なんて、
喜ぶかも知れませんね~。

今なら気軽に

「#天才画伯紙袋」

なんて、SNSに投稿してもらってもいいですね。

まさに

「パッケージを思い出に残るモノに」

する提案でした。

最初のコンセプト

「思い出に残る紙袋」

にめちゃめちゃピッタリじゃないですか?

・・・・が!
実はこのパッケージは
不採用になりました。

「ちょっとイメージとあわない」

ということだったんで
ちょっと残念でした。

でもね、これって
いい企画だと思うんです。

もし、このブログを見てくださってる方で

「その天才画伯パッケージ、面白いじゃん」

という方は、
ぜひ、ご連絡くださいませ。

もう、デザインありますから。
ロゴと社名を入れたら
すぐに製造できます(笑)

本日のお話は

「パッケージを思い出の残るモノに」

というお話でした。

あなたのお役に立てたら幸いです。

あれ?
不二家さんにこのネタ、
流出してたのかな(笑)?

<追伸>

娘の凛はもう12歳になりました。
今年の4月には中学生になります。

大きくなったなー。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + four =

ページの上部へ