顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【10%の値上げをお客様に受け入れてもらう方法】
2021年02月6日

【10%の値上げをお客様に受け入れてもらう方法】

巣ごもり需要で
大きく登録者数を伸ばす
「ネットフリックス」

2月5日に
2つのプランを同時に値上げしましたね。

ベーシップクランだと
月額880円 → 990円

スタンダードプランだと
月額1320円 → 1490円

とおよそ13%の値上げです。

大手ITだと

「ああ、楽しませてもらってるし
そのくらい仕方ないか」

と思ってしまうのがなんだか不思議です。

ところが中小企業になると
大きく話が変わります。

あなたも経験ありませんか?

「原材料の値上げに付き、
製品単価を10%ほど
見直して(値上げさせて)いただけないでしょうか?」

相手がバイヤーさんだったら

「はぁ~、なに言ってんの?
消費マインドが下がってるのに
値下げして欲しいくらいだよ。」

相手が末端消費者だったら

「あら、これ高くなったのね。
他のを買おうっと」

なんてこと?

実はボクにはあります(汗)

10%値上げするのって
めちゃめちゃ大変なんですよね。

ところがネットフリックス様。
簡単に告知のみで
13%上げちゃうんだから
大したモノです。

この大変な10%値上げ!

実は簡単に行うことができます!

それは

「パッケージを変える
商品そのものを変える」

ってことなんです。

すると10%どころか
20~30%でも
値上げをすることが可能です。

例えば、鳥取代表 平尾とうふ店の場合。

こちらの「油あげ」を
パッケージリニューアル!

このように
「鳥取代表 平尾揚げ」と
生まれ変わりました!

その時の詳しい経緯はこちら!

これによって何が起こったか?

お客様にとっては
実は商品リニューアルとは思っていないのです。

お客様にとっては
「全く新しい商品」なのです。

これにより
平尾さんは油揚げの単価を
200円→280円と変えました。

なんと!
40%値上げ!

そして、その価格は
お客様に受け入れられました。

お客様にとっては
「新商品」なので
「値上げ」なんて感覚はないんですね。

「パッケージを変える
商品そのものを変える」

ってことが
価格を変えても、
お客様に受け入れられるようになります。

利益率が厳しい商品があって
お客様に説明が難しい場合、

単純に値上げを言うのは難しいです。

パッケージを変えて
新商品としてお伝えすると
受け入れてもらいやすいですよ!

平尾とうふ店(法人名 クベル)
https://hiraotoufu.com/

鳥取県鳥取市河原町佐貫1206
0858-85-2240
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜・月曜

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × two =

ページの上部へ