顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【徳島のスーパー「主婦の店」の中原ひとみ監査役のFB投稿について学ぶパッケージマーケティング】
2013年01月15日

【徳島のスーパー「主婦の店」の中原ひとみ監査役のFB投稿について学ぶパッケージマーケティング】

【徳島のスーパー「主婦の店」の中原ひとみ監査役のFB投稿について学ぶパッケージマーケティング】


おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 
昨夜の徳島のスーパー「主婦の店」の中原ひとみ監査役のFB投稿が、
パッケージマーケッターとして目に留まりました。

内容をズバリ、コピー&ペーストします。

☆☆☆

ヨーグルトやアイスクリームにかけるフルーツソース。
こちら、めちゃ美味しいですよ!
果実たっぷり贅沢仕立て、マジです!

主婦の店昭和店にて

☆☆☆

今やブログ、フェイスブックを始めとする、ソーシャルメディアの活用は必須!
しっかりと宣伝されているところが素晴らしい。

そして、もっと素晴らしいのはきっちりの「商品パッケージ」の写真を記事にアップしていることです。

CMの神様と呼ばれるディビッド・オグルビー氏は語ります。

「諸君のコマーシャルで広告している製品の名前を消費者が記憶できるようにせよ。
パッケージを大きく、はっきりと示せ」
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11150981641.html )

そうなんです。
お客さんはフルーツソースの中身を見せられても分からない訳です。
店頭で探すことができない。

しっかりと、パッケージを示すことが必要なんですね!
特に、BtoCの商売をされている方はとっても大切な要素です。

もっと良くするために、2点ほど。

①「5番レジの前に陳列されてます」とか、店頭での場所を示す。
お客さんにとって親切ですね。

②中原さん本人が出たPOPを付けて、「今日のフェイスブックで投稿していた商品です」などと付ける。


キリンのグランドキリンが大ヒットした「O2Oマーケティング」というのがあります。
簡単に言うと「オンラインのネットで集客、オフラインの店舗で販売」のマーケティングです。
(詳しくはこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11434628831.html )

「FBで紹介した商品ですよ」というのが店頭で分かると親切ですね。

今日は中原ひとみ監査役の投稿から学ばせて頂きました!
ありがとうございます!


ところで中原ひとみさんと言えば、過去にパッケージマーケティングでメルマガ登録人数を一気に17倍にしたことがあります。

気になる方は、こちらの記事もご覧くださいね。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11232751127.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

ページの上部へ