顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【売れる商品には共通項がある】~売れるパッケージ5つの法則~
2021年06月1日

【売れる商品には共通項がある】~売れるパッケージ5つの法則~

「絶対に成功したいのに
なんで、上手くいかないのーーー?」

なんて叫び声をよく聞きます。

この叫び声がなぜ、消えないのか?

ひょっとしたら、
世の中にある法則を
無視しているからかも知れない。

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ変える
パッケージマーケッターの松浦陽司です!

本日のテーマは

<売れるパッケージ5つの法則>

で行ってみよーーー!

5つの法則とは

1)○○○をつくる
2)□□込む
3)「△△・△△△」を発信する
4)◇◇◇◇を語る
5)新たな▽▽▽▽をする

ってことなんで
今から、解説しますね(^^♪

<売れるパッケージ5つの法則>

1)関係性をつくる

お客様とパッケージに
関係性を持たせるってのが
非常に大切です。

お客様は、パッケージを見て
「あ、この商品だ」って感じるんです。


樫山農園の小松菜パッケージ

無地や青い系統の色が多い
野菜のパッケージの中で

「白いパッケージの小松菜」ということで
お客様と関係性を作ってます!

3ヵ月で8万袋と売れています!

2)絞り込む

「誰に、買って喜んで貰うのか?」
これが明確にならないと売れません。

「誰にでも使って欲しい消臭剤」
では、売れなさそうですね。

では、こうしたらどうでしょう?

父さんのまくら 消臭スプレー

ターゲットはもちろん
「お父さんのまくらの臭いに苦しむお母さん」
絞り込まれています!

8ヵ月で累計6500本を超える
ヒット商品になっております。

3)「好き・楽しい」を発信する

単に商品名が書いてあるだけじゃなくって

「料理することが楽しい」

そんなことを伝えたら
パッケージはどう変わるだろう?

日高食品工業
とりあえず昆布ふりかけ

あえるダケ
まぜるダケ など

ちょっとした簡単レシピを
パッケージ表裏に多数掲載!

この商品が好き!
料理が楽しい!

そのことを発信して
売上6倍になりました!

4)ストーリーを語る

日置食品さんの豆腐は
とってもストーリーのある豆腐でした。

・国産大豆100%
・凄い名水を使ってる



しかし、こちらの旧パッケージでは
それが伝わり切ってませんでした。

そこでパッケージリニューアル!



ストーリーをしっかりと語ります。

・国産大豆しか使わない
・荒神の名水使用

このパッケージリニューアルにより
売上1.5倍になりました!

5)新たな意味づけをする

同じ商品でも、パッケージによって
売場も変われば、意味も変わります。


市岡製菓さんの
「芋きんつば」という商品があります。

普段はお土産物屋さんで
8個とか、12個入で売られています。

これを、パッケージで意味を変え
スーパーで販売することはできないか?

そこで3個入に変えて
販売開始されました!


お土産物屋さんでは
お土産なので、
8個とか12個とか
入っている方がいいのですが

スーパーは家族向けなので
3~4個の入り数が求められます。


レジ袋有料化の影響もあり
この「薄いパッケージ」
「かばんに入る」と好評です。

この冬ワンシーズンで
約6000袋売れました!

パッケージリニューアルによって
「お土産物」から「家族用」
意味が変わったんですね。

さて、こんな風に
法則によって、
パッケージが、商品が生まれまわります。

本日のテーマは

<売れるパッケージ5つの法則>

1)関係性をつくる
2)絞り込む
3)「好き・楽しい」を発信する
4)ストーリーを語る
5)新たな意味づけをする

でした!

あなたの人生にも
なにか法則はありますか?

よかったら、教えてください!

<おまけトーク>

実は本日の法則は
ボクが昔、2013年に書いた本

売れるパッケージ5つの法則と70の事例
https://buff.ly/2rWzAEj

に書かれている法則です。

この時は他社事例で書いていたので
パケマツの採用事例で、リライトしてみました。

こちらの書籍もよかったら
読んで頂けると嬉しいです(^^♪

https://buff.ly/2rWzAEj

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 18 =

ページの上部へ