顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 目玉商品を創るには パッケージに「○○○」を 売上アップ 2ステップ
2021年09月13日

目玉商品を創るには パッケージに「○○○」を 売上アップ 2ステップ

人の怒られ、非難され
大目玉を食らうのは嫌だけど

自社の商品には
「目玉」があった方がいい。

じゃ、その目玉!
どうやってつけていきましょう?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

目玉商品を創るには
パッケージに「○○○」を
売上アップ 2ステップ

で、行ってみよーーーー!

 

 

先日もちらっと紹介した

サントリーホールディングスの
新浪剛史社長の
「45歳定年制」発言。

炎上しちゃって
世間から
大目玉を食らってるみたい。

「“首切り”をすると
いうことでは全くない」

と言い換えてます。

 

 

さて、世間から
“大目玉を食らう”のは嫌ですが

商品には「目玉」となるモノが欲しい。

でも、この目玉!
どうやって付けたらいいんでしょう?

 

 

実は、超簡単な方法があります。

ステップ1です!

パッケージに
人・キャラクターを出す!

 

人は人の顔に
惹きつけられやすいんですよね。

 

 

例えば、こちら!


2つ並んだ「どん兵衛」
あなたなら、どっちを買いますか?

 

 

ボクなら、右!

吉岡里帆さんが
どうしても目に飛び込んできます!

パッケージに人が居る
力強さですね。

 

 

パケマツ採用事例ではこちら!

あぺたいとの両面焼きそば男麺!

どーんと、オーナー飯野雅司さんに登場!

こうやってオーナーが登場することで
「自信あります!」
「責任取ります!」
ってことも、自然と伝わります。

 

 

他にも

 


P-RUSK(パパベル)

 

こうやって「Pちゃん」という
キャラクターがいるだけで
目を惹きます。

 

 

だから、パッケージに
人・キャラクターを出す!

ってことで
人の目を惹きやすいのです!

 

 

…ってことだったのですが
衝撃の事実が!

もっと簡単に
商品に「目玉」を作る方法がある!

ステップ2です!

パッケージに「卵」を出す!

だったんです!

 

 

教えてくれたのは
小林ゴールドエッグの
小林真作社長!

卵の〇〇が入った看板を出すと「フラッと来店客」が激増する

お話は看板に卵料理を載せると
来店客が増えるという話なのですが

その話はパッケージにも言及!


こちら、韓国のりのパッケージ。

もちろん、中身に
卵が入ってるわけじゃない!

でも、卵のおかげで
目を惹くパッケージになってる。

 

 

なるほど。

他にもこんなパッケージを
紹介してくれました。


ビビンバのパッケージ

こちらにも卵が掲載!
・・・と思いきや?!

ちょ、待てよ!

これ、単なる「黄色い丸」を
印刷してるだけやん(笑)

そうか、「パッケージに卵」で
こんなに力があるのか。

 

 

「実際にどうなんだ?」
ってことで現場実証に行ってきました!

例えば、冷蔵ラーメン売り場です。
もう、愕然としました。


たしかに!
卵がパッケージに!

もちろん、中身には入ってない(笑)


ポイントは
「黄身」を見せること。

生卵でも、ゆで卵の半切りでもOK!


ここからは、松浦の推測ですが

卵が「人の顔の目玉」の
役割を果たしているのではないでしょうか?

「目玉焼き」というように
人の目玉を連想させる形ですしね。

 

 

本日のお話は

目玉商品を創るには
パッケージに「○○○」を
売上アップ 2ステップ

ということで

ステップ1

パッケージに
人・キャラクターを出す!

ステップ2

パッケージに「卵」を出す!

というお話でした!

あなたの商品が
目玉商品になりますように!

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える!

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =

ページの上部へ