顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > プレゼン会場に悲鳴 担当者の予想を超え過ぎた パッケージデザイン
2021年09月26日

プレゼン会場に悲鳴 担当者の予想を超え過ぎた パッケージデザイン

あなたは
「おはぎ」と「ぼたもち」

この2つの違いは
何だか分かりますか?

そして
「はんごろし」と「みなごろし」

この2つの違いも
あなたは分かりますか?

 

 

こんにちは。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

プレゼン会場に悲鳴
担当者の予想を超え過ぎた
パッケージデザイン

で、行ってみよーーーー!

 

 

さて、冒頭の
「おはぎ」と「ぼたもち」の違いですが

結論から申し上げますと
「同じもの」なんだそうです!


秋分の日には「おはぎ」
春分の日には「ぼたもち」

と言い分けてるだけだそうです!
(※Wikipediaの解説では諸説あるようです)

ブログ仲間も
ナッティミマデン南館
上原珠恵さんのブログで教えて頂きました。
ありがとうございます(^^♪

 

 

さて、ではいよいよ
「はんごろし」と「みなごろし」
の違いを解説しましょう!

「はんごろし」とは
人を死ぬ寸前まで
ボコボコにすることで

「みなごろし」とは
その場にいる人全員を
殺してしまうこと

 

 

・・・って、ちがーーーう!
そんな物騒なこと
ブログでは書きませんよ(笑)

「はんごろし」とはこれです!


あれ?
「おはぎ」ですやん?

そうなんです。

徳島県那賀郡那賀町では
「おはぎ」のことを
「はんごろし」と呼ぶのです。

その理由は
もち米を半分だけ潰すから
「はんごろし」と言うようになったそうです。

 

 

なんと、物騒な
名前ですよね(笑)

じゃあ、もっと物騒な
名前の「みなごろし」は何でしょう?

「はんごろし」が
米を半分潰した「おはぎ」ですから

・・・なんとなく創造が付きますよね。

はい!
「お餅」です!

米を全部潰してますから!

こちらは諸説は無いようです。

 

 


ちなみに、パッケージがこちら!

「はんごろし」という
ネーミングからは
思いも寄らないほど
かわいいパッケージです(笑)

 

 

こちらのパッケージリニューアルを
2013年だったかな?
頼まれたことがあったんですよね。

「那賀町で売る時は
このパッケージでいいんです。

都会(徳島市内のこと)で売る時に
インパクトのある
パッケージにしたいんですよね」

というような依頼を受けて

「それなら思い切って
やっちゃいましょう!」

ということで
こんなパッケージを提案!

 

 

「喰わねぇ奴は、はんごろし」

死にそうな落ち武者が
まさに半殺されている(笑)

よく見ると、よく見ると
バックにうっすら、
般若が睨んでいるーーー!

「はんごろし」という
ネーミングが活きた
インパクトあるパッケージ!

 

 

さーー、このパッケージ!
どうなったのか?

組合の方、7名の前で
パッケージプレゼンしたのですが
まーーー、荒れました!

見せた瞬間
「ひえぇ~」という悲鳴が上がったり(笑)

実はこのパッケージ
・・・・・不採用(笑)

審査する人が
たぶん、全員50才以上で
60歳以上の人が多かったからなー。

そりゃ、抵抗あるでしょ(笑)

 

 

本日のお話は

プレゼン会場に悲鳴
担当者の予想を超え過ぎた
パッケージデザイン

でございました。

あなたの今日一日が
悲鳴ではなく
歓声の上がる
一日でありますように(^^♪

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える!

パケマツが目の前の世界を変えた事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − seven =

ページの上部へ