顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > パッケージデザイン制作と その後の販路拡大について ~斎藤夫婦物語~
2021年10月16日

パッケージデザイン制作と その後の販路拡大について ~斎藤夫婦物語~

「商品を創る」ことだけで
満足しちゃダメ!

商品は創ってからが
勝負の始まりなんだから!

徳島で頑張っている
日本農産の
齋藤瑛さん&亜希さん
ご夫婦の物語。

 

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

パッケージデザイン制作と
その後の販路拡大について
~斎藤夫婦物語~

で、行ってみよーーーー!

 

 

 

あなたは覚えていますか?
1985年のプロ野球 阪神優勝の時に
起こった事件、、、いや、「呪い」を!

熱狂のさなか道頓堀川に
「カーネル・サンダース人形」
投げ込まれ、行方不明に。。。

その後、なんと!
阪神は17年間も優勝できなかった。。。

〝カーネル・サンダースの呪い〟

と呼ばれる都市伝説になりました。

 

 

 

ちなみに、24年後の2009年に
カーネルさんは発見され
奇跡の生還を果たしてます。

発見後は「幸運の象徴」とされ
現在では関西オフィスに展示されています。

しかし、その前は
いろいろなところで
移動して展示されていました。
幸運を振りまきたいからですかね。

日本農産のレンコンも
移動しまくって、販売されています。

 

 

 


社長の齋藤瑛(ひかる)さんから
ご依頼いただき
無地のパッケージを
オリジナルパッケージにしました!

レンコンって一見すると
「あれ?長芋?」とか
中身が何か分からなかったりします。

だから、よく分かるように
レンコンの断面を入れたり

パッケージの上の方にも
デザインを入れたり
工夫されたパッケージデザイン!


関西方面に出荷され
よく売れています。

 

 

 

この日本農産のレンコン!
全て関西方面出荷のために、
徳島では手に入らなかった(汗)

「えーー、徳島なのに?」と思った方!
ありがとうございます。
手に入るようになりました!

2021年10月14日
日本農産の齋藤亜希さんがご来パケ!

パケマツにレンコンの
「移動販売」に来てくださいました!

 

 

 

そう、「移動販売」が開始されたんです。

社長の奥様の
齋藤亜希さんは前々から思っていました。

「徳島の人、身近な人にも食べて欲しい」

でも、全て大阪、神戸への出荷だから
徳島の人に買って貰えない。

「それだったら私が
移動して販売したらいい」

そう思って、移動販売を開始したんです!

 

 

 

その亜希さんの思いがこちら!

それでパケマツにも
ご来パケ頂いたんですね!

亜希さんはめっちゃ元気に
ご挨拶してくれました。

 

 

 

「それじゃ、さようならー」

と見送ったあと。。。
・・・ん?

亜希さん、パケマツ
駐車場で何かをしてますねー。

おおっ!
突如、誕生しました!


誕生! 日本農産 丈六販売所(笑)

亜希さんがパケマツご近所の
お友達に声をかけて
レンコンの販売を開始!


飛ぶように売れていました。
さすがです!

 

 

 

おそらく、今後も定期的に
パケマツ駐車場で
「日本農産 丈六販売所」が開店するでしょう!

「日本農産のレンコン食べたい」
と思った方は
ぜひ、日本農産インスタをチェックしてくださいませ!
https://www.instagram.com/oishiirencon/?hl=ja

移動販売の予定が掲載されるはずなので
あなたの町の近くにも行くことがありますよー!

 

 

パケマツに来るのが分かったら
ついでにパケマツにもお立ち寄りくださいね(^^♪

あ、あと
「うちの近くに来てくれないのー」
と思った方は
インスタメッセージで直接連絡してみてください。

ひょっとしたら、来てくれるかも知れません。

いやーーー。
お客さんが来ないのであれば
こちらから移動していく。

齋藤亜希さん、すばらしい。

 

 

 

本日のお話は

パッケージデザイン制作と
その後の販路拡大について
~斎藤夫婦物語~

でございました。

あなたの今日一日が
楽しい移動がある
一日でありますように!

 

 

<本日のお客様>

日本農産
〒772-0043
徳島県鳴門市大津町段関字大通9
TEL:088-686-2491
http://tokukaigi.or.jp/agl/archives/1868/

 

日本農産インスタ
https://www.instagram.com/oishiirencon/?hl=ja

連絡はインスタメッセージにて!

 

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + eighteen =

ページの上部へ