顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 「売れるパッケージ4つの色」 と 「売れないパッケージ3つの色」
2021年10月20日

「売れるパッケージ4つの色」 と 「売れないパッケージ3つの色」

あなたの商品が売れないのは
ひょっとしたら
「パッケージの色」のせいかも知れない?!

「売れるパッケージ4つの色」に対して
「売れないパッケージ3つの色」というのがあります。

本日はそんなお話。

 

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

「売れるパッケージ4つの色」

「売れないパッケージ3つの色」

で、行ってみよーーーー!

 

 

 

三重県の倒産寸前だった
「長谷園」が大復活を果たしました。

どん底の売上3億円から
現在は6億円に倍増してます。


2000年に販売開始した
「かまどさん」という土鍋が
復活のポイントになりました。

当初は売れてませんでしたが
2001年に料理研究家が
テレビで取り上げてくれた。

そこから注文殺到!
累計100万個を超えています。

 

 

 

ちょっとしたきっかけで
売れるようになることがあるんですね。

あなたの商品においては
ひょっとしたら
「パッケージの色」が
きっかけになるかも知れませんよ。

 

 

 

あなたは
「売れないパッケージ3つの色」
を使ってはいませんか?

その色とはずばり



です!

これは一体どういうこと?!

 

 

 

昨日は
「売れるパッケージ4つの色」
ということで

人間か古来より、
生死に関わる色

赤…火、血
青…海に飲まれる
黒…暗闇、夜
白…雪山で凍死

が売れるとお話しました。

 

 

 

これとは真逆で
「売れないパッケージ3つの色」は
生死とは全く関係がない色なんですね。

緑…葉っぱ、自然
黄…花、麦
紫…花、果物

なるほどね。
だから、そんなに
人が目を奪われないのですね。

 

 

 

あなたはどう感じましたか?

ただし!
今回の話は例外が2つあります。

 

 

 

①緑、黄、紫の3つの色の
素材がその色だったり
中身を表現している場合は例外!

例えば「緑」

「おーいおちゃ」などは
緑のパッケージですね。

「緑茶」って「緑」ですからね。

 

 

 

「黄」もそうですね。

「たまご」がそうです!
菅藤養鶏場さんの
パッケージリニューアル


「緑」主体のパッケージを
「黄」主体に変更!

「たまご」ですから
圧倒的黄色イメ―ジありますからね。

パッケージリニューアルで
売上117%になってるそうで嬉しい!

 

 

 

「紫」においても
「ぶどう」などを使った商品は
パッケージが紫でOKです!

 

 

 

後の例外パターンは

②意図的にブランドを作る時

企業や商品ブランドが
意図的にイメージカラーを作る場合があります。

例えば「カロリーメイト」

1983年に大塚製薬が発売した
「栄養調整食品」の商品名。

この「栄養調整食品」というのが
当時、なかった新ジャンル!

意図的にパッケージを「黄」にし
38年間も継続されております。

 

 

 

本日のお話は

「売れるパッケージ4つの色」

「売れないパッケージ3つの色」

ということで

「売れないパッケージ3つの色」とは



というお話でございました。

あなたの今日一日が
生きる実感を感じられる
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + twelve =

ページの上部へ