顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 稲盛和夫氏 経営の原点12ヶ条 第2条 具体的な目標を立てる パッケージ生産数量の決定法
2021年11月2日

稲盛和夫氏 経営の原点12ヶ条 第2条 具体的な目標を立てる パッケージ生産数量の決定法

パッケージ開発するときに

「商品の販売目標は?」

と質問すると

「えーと、まあ
できるだけ売れた方がいい」

という感じで
意外と数字で
答えられない人が多いんです。

「具体的な目標を立てる」

ってこと、大事ですよ!

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

稲盛和夫氏 経営の原点12ヶ条 第2条
具体的な目標を立てる
パッケージ生産数量の決定法

で、行ってみよーーーー!

 

 

 

京セラの創業者であり
JALを再建させた名経営者
稲盛和夫氏!

その教えの中に

稲盛和夫氏 経営の原点12ヶ条 第2条
具体的な目標を立てる

とあります。

ビジョンを実現するために
具体的な目標が必要なんです!

 

 

 

その大切な目標の一つに
販売数量と言うのもありますね。

これがパッケージを作る時
生産数の目安になり

ある意味、経営者の
「覚悟」を現しています。

 

 

 

昨日、福岡県久留米市の
モヒカンらーめんの
於保貴久社長とzoomしてました!

そのモヒカンらーめんの
テイクアウトは
こんなパッケージなんです。

 

 

 


箸留め用シールを
使用したパッケージ

かっこいいでしょう(^^♪

ウーバーイーツさんが
運んでくれたりするのですが

このシールがやっぱり
「モヒカンらーめんというブランド」
を広めてくれてます!

そして、テイクアウトが旨いから
やっぱりリピートが生まれているんですね。

 

 

 

ちなみに、端っこにしか
糊が付いてないので
お箸とおしぼりは
さっと取り外せます。

そして、意外な「使い方」
というか「使われ方」を聞きました。

 

 

「モヒカンシールを
子供たちが冷蔵庫に
貼ったりしてくれる」

パケマツとしては
意図していない「使い方」ですが

消費者が新しい
「使われ方」を生み出してくれました。

これは嬉しいですね。
モヒカンらーめんというブランドを
広げていくことに役立ってます。

 

 

 


ちなみに、箸留め用シールは
パケマツの実用新案です。

モヒカンらーめんは
このシールを作る時に
5000枚というロットで生産しました。

これは
「最低ロット」ではなく
「適正ロット」での生産になります。

 

 

 

よく飲食店の方に

「もっと少なく作ってよ。
1000枚くらいでいいからさ」

と言われるのですが
それでは単価が上がってしまって

「えーー、そんなに高いなら
必要なんだったらいらない」

「もっと小ロット対応しろよ」

という声も聞こえてきます。

ここでボクが

「販売目標数量って
例えば1日何個ですか?」

って質問させてもらうんです。

 

小ロットを求める人ほど

「そんなの決めてない」

という方が多いです。

でもここで

「一日、例えば20個は売りますか?」

と聞くと

「まあ、そのくらいは。。。」

となります。

「じゃあ、月に25営業日だとして
500個売ることになりますよね。
1年で6000個になります。

5000枚って決して、
大ロットじゃないと思うんですが」

という話になると

「なるほど!じゃあ5000枚!」

と思ってくれます。

 

 

それでもやっぱり

「いや、1000枚や。
やってみないと、
1日2~3個しか売れないかも」

という人もいらっしゃいますが(汗)

やっぱり
「具体的な目標」を立てたら
「それだけは売る」と
行動していくことが大事です!

「1日20個売る」と決めたら
そうなるように行動していきましょう!

 

 

本日のお話は

稲盛和夫氏 経営の原点12ヶ条 第2条
具体的な目標を立てる
パッケージ生産数量の決定法

でございました!

あなたの今日一日が
目標達成に近づく
一日でありますように!

 

 

 

<本日のお店>

モヒカンらーめん
http://mohikan-ramen.co.jp/

福岡県福岡市に2店舗、
福岡県久留米市に1店舗あります!

お近くの方はぜひ!

そして、オンラインショッピングもあります!
ぜひぜひ、お取り寄せくださいね(^^♪

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =

ページの上部へ