顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 嫌いが好きに変わる 苦しいが楽しいに変わる パッケージは日本の物流を支える
2021年12月28日

嫌いが好きに変わる 苦しいが楽しいに変わる パッケージは日本の物流を支える

あなたはお仕事
好きですか?
嫌いですか?

・・・え?
ボクですか?

今はパッケージの
仕事が大好きです!

でも昔、パッケージの
仕事が大嫌いでした。

どうして好きになれたのか??

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

嫌いが好きに変わる
苦しいが楽しいに変わる
パッケージは日本の物流を支える

で、行ってみよーーー!

 

 

ボクが学生さんの前で
喋る機会をもらったら
必ず冒頭で聞くことがあります。

それは

「仕事にどんなイメージを持ってますか?」

という質問。

「楽しそうだなと思ってる方、手を挙げて」
「苦しそうだなと思ってる方、手を挙げて」

と挙手してもらいます。

 

 

すると、多くの学校では

「楽しそう」が少ないんですよね。
「苦しそう」が多いんです。

1回だけ「苦しそう」が
全員だったこともある(汗)

 

 

いやー、それだけ
仕事に対して、
いいイメージってないんだな(汗)

そんな学生に
ボクは続けて言います。

「楽しそうだなと思ってる方
すばらしいです!
きっとそのように生きていきます。

苦しそうだなと思っている方
大丈夫です!
ボクも苦しかったけど
今は楽しく仕事してますから」

そう、ボクは昔、
パッケージのお仕事が
苦しくって、嫌いで
仕方がなかったんです。

 

2002年、パケマツ入社。
その時にあった洗礼!

当時の営業スタイルは
「価格競争」

1円でも安くして、
仕事を取ってくるスタイル。

 

 

だから、お客様の
望む単価にならない場合

「おう、業者!
○円にせんと切るぞ!
お前みたいな業者
なんぼでもおるねん」

そう言われて
けっこう、傷つくこともありました。

ちなみに、価格を
なんとか合わせても

「ま、言った通りやな」

という感じで
感謝されることはありません。

 

 

そんな苦しい状況で
トドメの痛恨の一撃!

お客様からの言葉

「お前の会社って
ゴミ、作ってるようなもんやな」

ガーーーーン!

その言葉を聞いたときに
ボクは大ショック!

「パッケージの仕事って
ゴミ製造業なんだ。
環境破壊業なんだ。」

そんな風に思いこんじゃったんですよね(汗)

それから仕事が
苦しくて、苦しくて、
嫌いで、嫌いで、
毎日がつらかったです。

 

そんな中で起こった
2011年の東日本大震災。

これが理由で
パッケージの供給が
とても不安定になりました。

通常、3週間でできる袋が
3ヵ月経っても、
納期もまだわからない。

そんな時に、
ボクは駆けずり回りました。

メーカーさんに出向いて

「伝統のお菓子のパッケージを
切らしてしまって
出荷を止めるわけにはいかないんです」

なんとか頼み込んで
納期に間に合わせました。

 

 

おかげでお客様のお菓子は
無事に出荷することができました。

その時に、お客様が言ってくれたんです。

「松浦さん、ありがとう」

その時のボクの気づきが

「そうか!パッケージって
無ければ商品すら出荷できない。

日本の物流を支えるような
とっても大切な仕事なんだ」

その気づきがあって
だんだんとパッケージが好きになり
仕事が楽しくなってきました。

 

 

そうなんです。
最初は苦しい仕事でも
その仕事の意味に気づけたら
楽しいに変わるんですよね。

そんなことを
学生さんたちと
共有できたら嬉しいな。

そんな思いで
お話させていただいてます。

 

本日のお話は

嫌いが好きに変わる
苦しいが楽しいに変わる
パッケージは日本の物流を支える

でございました。

あなたの今日一日が
苦しいが楽しいに変わる
一日でありますように。

今日の話は続きがあって
また、後日にでも書かせて頂きますね~。

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 7 =

ページの上部へ