顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > SDGs > パッケージが原因で炎上? 現代社会に求められる3つの価値が ヒット商品づくりの鍵
2022年01月29日

パッケージが原因で炎上? 現代社会に求められる3つの価値が ヒット商品づくりの鍵

過去の顧客は
2つの価値を求めた!

①機能的価値(商品そのものの価値)
②情緒的価値(心で感じる価値)

しかし、現在!
もう一つの価値が必要になった。

その3つめの価値とは??

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

パッケージが原因で炎上?
現代社会に求められる3つの価値が
ヒット商品づくりの鍵

で、行ってみよーーー!

 

 

2020年7月に
ブルボンがパッケージのことで
炎上したことを覚えていますか?

「プラスチック過剰包装やめて」

ということで
女子高生が約19000人もの
署名を集めたんです。

 

 

まあ、確かに
プラを使いすぎな感じはある。

 

 

ブルボンの商品なんで

①機能的価値=美味しいのは間違いない
②情緒的価値=ブランド力もある

でも、今の時代は
この2つの価値だけじゃダメ。

③社会的価値=社会に求められる価値

この3つめの価値が
必要になりました!

プラスチックをたくさん使うことは
社会から求められてないということ(汗)

 

 

ちなみに、この署名に対して
ブルボンさんはきっちり対応し

7つの項目で丁寧に説明されてます。

ざっくりと抜き出すと

●プラトレーを紙トレーにする
●プラフォークを、紙ピックにする
●プラトレーの厚みを薄くする
●水性インキを使用する

などなどです。

 

 

高校生の署名に真摯に向き合い
きちんと対策するブルボン!

素晴らしい企業姿勢ですね!

 

 

ところで、たまごのパッケージと言えば
プラスチック製が一般的ですよね。

(勝手に小林ゴールドエッグブログの
画像を使用しまして、失礼です(笑))

中身も見えて
クッション性もあって
非常に利便性が高いです。

でも、紙のパッケージもありますよね!

 

 

菅藤養鶏場さんの
「コッコさんのたまご」

たまごの美味しさもさることながら
かわいいパッケージにリニューアルで
売上117%になっているそうで嬉しい。

 

 

こちらは
「紙のたまごパッケージ」
ご採用頂いております!

この紙のパッケージは
「パルプモウルド」と呼ばれるものです。

 

 

プラスチックと違って
当然、自然に還ります。

しかも、バージンの紙じゃなくって
「古紙をリサイクル」したものなんです!

だから、より環境に優しい!

 

 

3つの価値で考えると

①機能的価値=たまごが美味しい
②情緒的価値=パッケージがかわいい
③社会的価値=自然に優しい、自然に還るパッケージ

という3つの価値が備わってます。

 

 

これからはこのように

3つの価値を考えて
パッケージを制作することが
ヒット商品の鍵となりますね。

 

 

本日のお話は

パッケージが原因で炎上?
現代社会に求められる3つの価値が
ヒット商品づくりの鍵

でございました。

あなたの今日一日が
3つの価値を発揮する
一日でありますように。

 

 

 

<本日のお客様>

有限会社 菅藤養鶏場(すがとうようけいじよう)
https://www.fumitama.jp/

〒729-6715
広島県世羅郡世羅町大字下津田59−1
0847-39-1700

 

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − three =

ページの上部へ