顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > SDGs > たまごの紙パッケージ アフターユース5選
2022年02月7日

たまごの紙パッケージ アフターユース5選

2000年間、無理だと
言われ続けて来たことが
近代、可能になる!

こんな風に書くと
「不可能を可能にする」
みたいな偉人伝に聞こえるけど

実際は

「ただ、今まで
誰もやらなかったことを
やってみたらできた」

ってこともあります。

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

たまごの紙パッケージ
アフターユース5選

で、行ってみよーーー!

 

 

小林ゴールドエッグの
小林真作さんの
ブログを読んでハッとした!

2000年間不可能だと思ってたけど
最近、できたこと。

 

 

それは

「たまごは立つ」

ってことなんです(笑)


世界を驚かせた立春のたまご事件

 

 

簡単に言うと、
ホント簡単で

たまごは立たないって
2000年間信じられてきたけど
やってみたら、立った!

ってことなんです(笑)

 

 


5分くらい頑張れば
誰でも立たせられるんだって!

食事前の一時に
あなたもご家族とチャレンジしてみたら
盛り上がるかも!

 

 

パッケージによる
SDGsの取り組みも

「今までやってなかったけど、やってみた」

ってことが非常に大切ですね。

 

 


プラスチックが常識の
たまごパッケージだって


「パルプモウルド」って言う
紙のパッケージも出てきました。

土に「還らない」から
土に「還る」パッケージへの変化です。

 

 

これだけでも
SDGsに繋がりますが

誰もやったことない
その先の世界ってあるんだろうか???

 

 

と言うことで、
小林ゴールドエッグ
小林真作さんに聞いてみたら
あらー、出てくる出てくる!

紙パッケージを
捨てずに、再利用する事例が!

 

 

たまごの紙パッケージ
再利用事例5選

①フルーツの保存
②うちわ立て
③照明インテリア
④防音設備
⑤家庭用園芸

それでは
ご説明させていただきます。

 

 

①フルーツの保存


まず、こちら!

卵の容器にフルーツを入れて
保存すれば4週間は
新鮮さが保てるんだって!

へーーーー。
目からうろこ!

 

 

②うちわ立て


こんな風に切れ目を入れて


ひっくり返して、立てて


はい!
簡単、うちわ立て!

立てるモノは
うちわじゃなくても
いいですよね!

 

 

③照明インテリア


うわー、きれい!

これは見ての通り
かなり組み立てに
手間はかかります。

 

 

④防音設備

おーー、こうやって
たまごの紙パックを
敷き詰めたら

あら、簡単!
防音設備ができるのか!
(簡単ではないかも(笑))

 

 

⑤家庭用園芸

こちらは画像はないのですが

紙パックに土を入れて
苗を育てます。
そして、そのまま埋める。

という活用法もあるそうです!

紙は土に還りますからねー。

 

 

何か、使えそうな
活用法はありましたか?

こんな風に
たまごの紙パッケージには
楽しいアフターユースがあります!

ぜひぜひ、お楽しみくださいね。

 

 

本日のお話は

たまごの紙パッケージ
アフターユース5選

ということで

①フルーツの保存
②うちわ立て
③照明インテリア
④防音設備
⑤家庭用園芸

というお話でした。

 

 

あなたの今日一日が
再利用可能な
一日でありますように!

 

本日使用した画像は
小林ゴールドエッグ
小林真作さんからご提供いただきました!

たまごのソムリエの「ソムリエ日記」ブログ
http://www.cgegg.co.jp/blog/

こちらも是非、読んでみてね!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 13 =

ページの上部へ