顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > プラフォーク・スプーン有料化 飲食店テイクアウト時の苦悩を解消 バイオマスレジ袋でオリジナルパッケージ
2022年02月18日

プラフォーク・スプーン有料化 飲食店テイクアウト時の苦悩を解消 バイオマスレジ袋でオリジナルパッケージ

レジ袋が有料になって
早1年8ヵ月。
もう、当たり前ですねー。

そして、もうすぐ
身近な無料だった
「アレ」も有料化になる。

ご存じでしたか?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

プラフォーク・スプーン有料化
飲食店テイクアウト時の苦悩を解消
バイオマスレジ袋でオリジナルパッケージ

で、行ってみよーーー!

 

 

もうすぐ、有料になる「アレ」とは?

コンビニなどで
無料で提供されてきた
プラスチック製の
フォークやスプーンです!

 

 

他にも合計12品目あって

ナイフ、マドラー、
ストロー、ヘアブラシ、
くし、カミソリ、
シャワーキャップ、
ハンガー、衣類用カバーです!

いやー、気軽に貰えなくなりますね!

 

 

気になる有料化開始日は
2022年4月1日です!

レジ袋有料化に続く有事!!

・・・と、普通に
考えたらそうなんですけど

世間はあの時ほど
騒いでませんね。

きっと、
有料化になれたのと
プラ削減の世論が
高まっているからでしょうね。

 

 

以前のレジ袋有料化で
実は飲食業のテイクアウトが
めっちゃ困ってるんですよ。

 

 

例えば、山のせさん。

こんな感じの
レジ袋を使っていました。

レジ袋の有料化に基づいて
ちゃんと法律に則り
テイクアウトでレジ袋も販売しております。

 

 

これによって
現場は混乱するんですよね。

なんせ、スムーズに
受け渡しができなくなって
人件費がかかるんです(汗)

 

 

理由は

「あらかじめ
レジ袋に入れておけない」

 

 

例えば、ヒレカツお弁当
テイクアウトの注文が
12:00に5個入っていたとします。

レジ袋無料の時代であれば
最初っから5個を
レジ袋に入れて
待っておけばOKでした。

お客様が取りに来たら
すぐに受け渡しできます。

 

 

ところが、レジ袋が有料化!

「レジ袋??・・・だが、断る」

って言われますよね。
有料なんだから。

お客様が来てから
「レジ袋はどうされますか?」と聞く。

この効率がめちゃくちゃ悪い!

 

 

この間、恵方巻の時に
山かつさんに行ったら
めっちゃ、大変そうだったなー(汗)

ボクは有料レジ袋を
最初から頼んでおいたので
すぐに貰えました。

 

 

でもお客さんによって違う。

「え?袋に入れてくれないの?
仕方ない、レジ袋買うから」

とか

「私が持ってきたマイバッグに」

というお客様には
その時にレジ袋に入れる。

 

 

「えぇ?有料だったら要らない」

というお客様には
そのまま持って帰って貰うんですが

個数が多かったら
車と何往復もされて
時間がとられてしまう。

 

 

なんせ、レジ袋有料化で
「時間がとられる」
というリスクが発生しているんです。

スムーズに受け渡しができない(汗)
これが飲食店の困っていることです。

「レジ袋が有料化になって
販売できて嬉しーーー」

なんてことはなく
逆に手間がかかりすぎる(汗)

 

 

だから、山のせグループでは
レジ袋を無料でも配布可能な

植物性由来の
「バイオマスレジ袋」
変更することになりました!

 

 

こうすることで

・お客様はレジ袋が無料で嬉しい。

・企業はあらかじめレジ袋に
入れておけるので時短になって嬉しい。

という双方が嬉しい
状態を作り上げています。

 

 

企業の生産性も考えながら
パッケージを選択して
いかないといけませんね!

 

 

本日のお話は

プラフォーク・スプーン有料化
飲食店テイクアウト時の苦悩を解消
バイオマスレジ袋でオリジナルパッケージ

でございました。

あなたの今日一日が
生産性の高い
一日でありますように!

 

 

株式会社 山のせ
https://www.yamanoce.co.jp/


パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × two =

ページの上部へ