顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > オリジナルパッケージ制作時の 「3つのリスク」と「3つのチャンス」
2022年03月6日

オリジナルパッケージ制作時の 「3つのリスク」と「3つのチャンス」

あなたはどっち派ですか?

Aさん
「そんなに売れなかったら困るから
最初は小ロットで慎重に」

Bさん
「私はこれだけ売るんだ!
適正ロットでスタートするぞ!」

成功しやすいのは???

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

オリジナルパッケージ制作時の
「3つのリスク」と「3つのチャンス」

で、行ってみよーーー!

 

 

よく新しく
オリジナルパッケージを作る前に
聞かれることがあります。

「パッケージ袋を
オリジナルで作ろうと思ったら
すごいたくさんできるんでしょ?」

それは確かにそうなんです。

 

 

少ないロットでもできるんですが
バカ高くなってしまいます。

なので、適正ロットは
超ざっくりですが

シールなら5000枚以上、
箱なら2000~3000枚以上、
袋なら1~2万枚以上になります。

※パッケージの大きさや
条件によって変わるので
あくまで、ざっくり目安です。

詳しくはこちらで。
「適正ロットについて」

 

 

一番問題になるのは
「袋」のオリジナルパッケージです!

一番適正ロットが多いですもんね。

これは適正ロットと言うか
「最低ロット」なんです。

「原反4000mから」と
まあ、これは理解する
必要はないのですが

なんせ最低ロットで
「万」の単位になることが殆どです!

 

 

さて、ここからが
オリジナルパッケージ制作時の
「3つのリスク」です。

①ロット
②版代
③落版

この3つです!

 

 

①ロット

例えば「おはなキャフェ」の
このパッケージであれば
14,700枚が最低ロットでした!

1軒のお菓子屋さんであれば
「それって、使えきるのに
何年かかっちゃうの?」
って心配になるロットかも知れません。

 

 

②版代

袋ものにカラー印刷するのであれば、
5色印刷が必要になります。

1版約30,000円×5版=150,000円

初期投資として必要になります。

 

 

③落版

そして、せっかく版代を払って
パッケージを制作しても

「落版」という制度があるんです。

メーカーによっても違うんですが
早いところであれば1.5年したら
版が処分されてしまいます(汗)

つまり、3年ぶりに注文しようと思ったら
「もう一回、版代が15万円必要になります」
ってなるんですね。

「なんで?」って
怒るかも知れませんが
そこは業界ルールでお許しください。

※落版について詳しくはこちら。

 

 

こう言ったリスクから

「じゃあ、最初は無地袋の既製品に
シールを貼るわ」

ってことになることが多いです。

でも、そうすると、
「3つのチャンス」
失うことになってしまいます。

 

 

3つのチャンスとは

①訴求力
②ブランド力
③生産性

なんです。

 

 

①訴求力

お花キャフェさんも
以前は既製品袋に、
シールを貼っていました。

パッと見て分かりますよね。

パッケージのデザインされている
面積が全く違うんです。

そうなんです。
お客様への「訴求力」がまるで変わります。

 

 

②ブランド力

無地袋にロゴシールであれば
「ロゴ」しかブランドを
伝えるところがありません。


こうやってオリジナルパッケージにすると

ロゴだけでなく、
ネーミングや
キャッチコピーなどの
他のブランド要素も伝えることができます。

そして、パッケージ自体が
ブランドとして認知されるのです。

 

 

③生産性

そして、実は見落としがちなのが生産性。

「既製品袋にシールを貼る」という作業の
人件費を忘れている人が意外に多いのです。


生産性が下がってるのに
お菓子は美味しくなるわけでもない。
お客様が喜んでくれるわけでもないのです。

 

 

おはなキャフェの畑山明子さんは
3つのリスクもちゃんとお話ししたうえで

版代と、シール貼り人件費を
天秤にかけて考えて
出した結論が「落版上等」!

オリジナルパッケージを作るって
ことになったんですね。

ボクはオススメします。

3つのリスクを乗り越えて
3つのチャンスを掴みに行きましょう!

 

 

本日のお話は

オリジナルパッケージ制作時の
「3つのリスク」と「3つのチャンス」

でございました。

あなたの今日一日が
リスクを乗り越え、チャンスを掴む
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − one =

ページの上部へ