顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 清流ファーム 小松菜 ダブルA面 パッケージ開発 展示力アップで売上アップ
2022年03月15日

清流ファーム 小松菜 ダブルA面 パッケージ開発 展示力アップで売上アップ

人には表もあれば裏もある。

・・・と思えば
裏表のない人もいますよね。

そんな風に生きていけたら。

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

清流ファーム 小松菜
ダブルA面 パッケージ開発
展示力アップで売上アップ

で、行ってみよーーー!

 

 


清流ファームの大嶽ひとみさん
(画像の真ん中の人)から

「今まで小松菜販売を
無地パッケージでしたが
オリジナルパッケージを作りたい」

というご依頼を受けて
こんなパッケージができました!

 

 


清流ファーム小松菜パッケージ

徳島のキャラクター
「すだちくん」
メインとしたパッケージ!

 

 

 

 


「栽培期間中 化学肥料・化学農薬 一切不使用。」

ということを謳います。

 

 

更にパッケージの右下。
小さい表示ですが


とくしま生物多様性活動認証

マークがあります!

周りの生態系にも
配慮した小松菜栽培をされています。

 

 

これは安心して食べられるし!

「あぁ、自然環境にも
配慮しているんだな」

とパッケージで分かります。

 

 

ここでちょっと
パッケージの裏面を見てみましょう。

「いやいや、野菜の
パッケージの裏側なんて
とうぜん、無地でしょう?」

と思ったでしょ?

 

 


パッケージ裏面は
「こまっつ菜」キャラクターが
配置されております。

 

 

この3人の「こまっつ菜」というのは
実際の大嶽家をあしらったキャラクター!

大嶽家は子供3人で
お姉さん二人と男の子。

キャラクターの表情で
それを表現されております。

このもともとあった
キャラクター「こまっつ菜」を
パッケージの主役として使用しました。

 

 


「いやいや、それって
どっちがパッケージの表で、
どっちら裏やねーん?」

って思われるかも知れません。

これは両方とも表!
ダブルA面パッケージなんです!

・・・ところで
「ダブルA面」って死語かな?
40代以上ならわかるよね??

 

 

・・・どうしてダブルA面の
パッケージになったのか?

これは売り場事情があります。

産直市などで販売する
野菜パッケージにはルールがあります。


こういった
「生産者シール」というのを
貼るのがルールです。

 

 

これはいいんですが
産直市には特殊ルールがありまして

パッケージをオリジナルで作っても
メインデザインを見せてくれないんです(汗)

 

 

どういうことかと言うと
例えば、こんなミニトマトがあります。


間違いなくパッケージ表面はこちら!

でも、実際には
こんな風に陳列されます。


パッケージが裏返されとる。。。(汗)

 

 

どうしても産直市では
「価格を見てもらいたい」という
意識が強いので
パッケージを裏面に価格シールを貼って
その裏面で展示されちゃうんですよね(泣)

 

 

これを避けるために
清流ファームでは
パッケージをダブルA面!


生産者シールを貼るスペースを
キャラクターと
“「美味しい」がギュ徳島県産”の間にとりました。

 

 

すだちくんサイドでも、
こまっつ菜サイドでも、

どっちで展示されても
パッケージ正面に
キャラクターが来るようにしたんです。

 

 


これでパッケージで
「あ!清流ファームの小松菜」
と覚えてもらえるようになります!

清流ファームの小松菜!
とっても美味しいですよ!

 

 


このパッケージを見かけたら
ぜひ、手に取ってくださいませ!

現在は

徳島県内の
キョーエイの「すきとく市」

ダイキの産直市などで

並んでいるかも知れないし、
並んでないかも知れないという

「見つけたらレア」な状況です。

ぜひぜひ
「見つけたら即買い」で
よろしくお願いいたします!

 

 

本日のお話は

清流ファーム 小松菜
ダブルA面 パッケージ開発
展示力アップで売上アップ

でございました。

あなたの今日一日が
裏表のない
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =

ページの上部へ