顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > SDGs > シールが小ロット多品種で欲しい 肉惣さんのパッケージの取り組み
2022年05月9日

シールが小ロット多品種で欲しい 肉惣さんのパッケージの取り組み

小ロット多品種なんで
28種類シールを作りたい!

でも、シールの適正ロットって
1種類につき
3000~5000枚くらいでしょ。

そんなには必要ないーーー!

と嘆いているあなたに
肉惣さんの取り組みを紹介します。

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

シールが小ロット多品種で欲しい
肉惣さんのパッケージの取り組み

で、行ってみよーーー!

 

 

 

肉惣さんの冷凍焼肉の
品種シールは
肉業界初のレーダーチャートシール!


特上カルビ

弾力 1
脂 5
柔らかさ 5
タレの濃さ 3
辛さ 3

など、お肉の特徴が
よくわかるようになってます。

 

その種類はなんと!
全27種類!

 

 


しかも、ロゴシールもあるので
全28種類のシールです。

 

 

これを本来のシールの
適正ロット3,000枚で製造すると

3,000枚×28種=84,000枚 !

「そんなの多すぎるよー」

と悲鳴が上がりそうです。

 

 

しかもこんな悩みも出そうです。


「ヒレ」は人気なので
3000枚作っても大丈夫。

 

 

しかし、、、


「ハバキ(モモ)千本筋」は
あまり知られてないし

3,000枚も作ったら
シールが余っちゃう!

なんてことになりそうです。

シールのロスがでるのが
なんだかもったいない(汗)

 

 

そんな時、役に立つのが

「デジタル印刷」

という方法です!

細かい説明は省きますが
小ロット多品種製造できます!

 

 

実際に、肉惣さんの
発注の仕方はこんな感じでした。

牛大腸 200枚
ミックスホルモン 600枚



特上カルビ 300枚
ロゴシール 800枚

合計枚数 10,000枚

 

 

そうなんです!

1種類につき200~800枚で、
出そうなものは多め。
出なさそうなものは少なめで
取りまとめてもらって

合計枚数を
10,000枚にしてもらったんです。

 

 

こうすることで
1種類3,000枚も印刷しなくても

28種類合計10,000枚と
小ロット多品種で
シール製造ができます!

 

資源の無駄もなくなります。

これはとっても使えます!

 

 

28種類といわず
何種類でも対応できます。

「シールを小ロット多品種欲しい!」

というお店には
超オススメです。

 

 

注意事項としては

① 合計枚数10,000枚以上の発注
② シールは全て同じ形

という2点!

あなたもデジタル印刷で
小ロット多品種対応されませんか?

 

 

肉惣さんは香川県高松市にあります!

ぜひぜひ、お立ち寄りください。

 

肉惣(山のせグループ)
https://nikusou.com/
087-802-1929
〒761-0301
香川県高松市林町2538番地1
営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / なし

 

本日のお話は

シールが小ロット多品種で欲しい
肉惣さんのパッケージの取り組み

でございました。

あなたの今日一日が
希望の叶う
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − fourteen =

ページの上部へ