顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 常識を疑うことから 生まれるヒット商品 パッケージデザインとネーミング
2022年07月22日

常識を疑うことから 生まれるヒット商品 パッケージデザインとネーミング

「コレステロールを摂りすぎるので
たまごは1日1個まで」

という誤った常識は
とっくに覆されています。

じゃあ

「塩分を摂りすぎるので
梅干しは1日一個まで」

は果たして
正しい常識なのか?
誤った常識なのか?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

常識を疑うことから
生まれるヒット商品
パッケージデザインとネーミング

で、いってみよーーー!

 

 

 

「たまご1日1個説」の
否定については
小林ゴールドエッグの
小林真作さんが

こちらのブログで
丁寧に解説してくれています。

データを疑うと、たまご新メニューが見えてくる…!
ぜひ、読んでみてね!

 

 

 

じゃあ、
「梅干し1日1個説」
どうなんでしょう?

マルヤマ食品の
丸山剛史社長に聞いてみました!

結論から言うと

「梅干しは1日3個がオススメ」

とのことです。

昔は確かに
「1日1個」だったそうです。

その時の梅干しは
塩分濃度20~22%くらい。

しかし、最近の梅干しは
減塩されている梅干しがメイン。

今の梅干しは
塩分濃度10%以下。

5%とか
8%の梅干しが多い!

だから
1日3個食べても大丈夫!
というか、オススメ!

…とのことでした。

 

 

なるほどな!
常識って変わってきているな。

梅干しは健康食品なので
ぜひたくさん食べてくださいね!

 

 

そんな
マルヤマ食品さん(梅見月)の
つぶれ梅はネーミングが特徴的!


大トロつぶれ梅 ゆめ

ネーミングに
「大トロ」と入ることで
「別格」の雰囲気を醸し出します!

 

 

「つぶれ梅は
つぶれ梅ってネーミング」

ってなっちゃうんですが
そこは常識を疑って
「大トロ」付けちゃいました!

 

 

実際に口の中で
とろっとろにとろける
梅干しなんですよ!

ちなみに、
塩分濃度は5%です!

これなら
1日4個はいけるかな(笑)?

 

 


大トロつぶれ梅 みつ

こちらは塩分濃度8%です。
1日3個ですね!

 

 

ボク的には
この大トロつぶれ梅を見るだけで
「よだれ注意報」
発令してしまいます(笑)

ちなみに、この大トロつぶれ梅!
めっちゃ売れてるみたいで嬉しいです!

 

 

 

大トロつぶれ梅は、
ネットでご購入いただけます!

大トロつぶれ梅(ゆめ) 塩分5%
Yahoo! → https://store.shopping.yahoo.co.jp/umemizuki/79332.html
Amazon → https://buff.ly/3zajGcB

大トロつぶれ梅(みつ)
Yahoo! → https://store.shopping.yahoo.co.jp/umemizuki/79132.html
Amazon → https://buff.ly/3920TWr

ぜひぜひ、食べてみてね!

 

 

本日のお話は

常識を疑うことから
生まれるヒット商品
パッケージデザインとネーミング

でございました。

あなたの今日一日が
常識を超える
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 15 =

ページの上部へ