顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージ松浦ネタ > 【奪い合うな!譲り合え!】~数字を競争する世界から、共創する世界へ~
2021年01月3日

【奪い合うな!譲り合え!】~数字を競争する世界から、共創する世界へ~

「2020NHK紅白歌合戦」の視聴率が
40.3%と絶好調だったようですね。
おめでとうございます!

その裏番組でトップだったのは
「ガキの使いやあらへんで」
17.6%だったそうです。

テレビ業界では
視聴率を奪い合えというような
「数字を競争する」形になってます。

でも、YouTubeでは
ちょっと事情が異なります。

いや、常識が違うっていうのかな?

チャンネル登録を譲り合えというような
「数字を共創する」形になってます。

例えば、オリエンタルラジオの
中田敦彦さんと藤森慎吾さん。

オリラジ吉本興業独立までの
経緯のYouTubeを

前編は中田敦彦さんの
YouTubeチャンネルで流して

後編は藤森慎吾さんの
YouTubeチャンネルで流す。

そう、お互いにメリットがある
チャンネル登録を譲り合う。
「数字の共創」を起こしております。

こんな風に、
「競争より共創」する考え方が
とっても大事ですね。

「奪い合いじゃなく、譲り合い」

こんな発想にどうやったらなるかな?

ちょっと簡単なクイズを考えてみました。

<問題>

あなたが牛丼屋の
オーナーだったとします。

結構、繁盛していました。

でもある日突然、、、

東にすき家!
西に松家!
南吉野家!
北になか卯!

・・・ができちゃいました(汗)

絶体絶命の大ピンチ!

さて、オーナーである
あなたはどうします?

これはキッツい状況ですよ~(笑)

実はこれ、小学生や高校生に
質問したことがあるんです。

面白いですよ、回答が!

学生たちの答えは
大きく4パターンに分かれます。

<①ガチンコ競争パターン>

まあ、在りがちですよね。

「吉牛より、安い値段で売る!」

これが最も多い答えです。

単純発想です。
誰もが思いつきそうなこと。

でも、これは大手に勝てるわけないんですね。

<②違う価値パターン>

これ、めっちゃ笑ったんですけど
一人の女学生が答えてくれました。

「私、イケメンを雇います」

なるほど、これは思いつかんかった!
すげー、発想!

でも、これっていいですよね。

違う価値を考えてて。

他には
・接客を鍛える
・高級牛丼店に転換する
・メニューを増やす

などいろいろありました。

<③業種転換する>

「ボクは蕎麦屋になる」

と言ってくれた学生もいました。

「だって、来る人が全員、
毎日牛丼が食べたいとは思ってないはず」

これはかなりいい感じですね。

<④共創する>

これは実は学生から出たアイディアではなく
ボクの友人の小林ゴールドエッグの小林真作社長から出た回答。

「まっちゃんな、ボクだったら
その4軒にお米を売る米屋になるわ」

なるほどなー。
これなら強大!強固な
ライバル他社と戦わなくっていい。

なんだったら、味方にしちゃってる。

「競争じゃなく共創」ですね。

もちろん、現実にできるかどうか別にして
「ライバルすら味方にする」
って発想は素晴らしいです。

競争相手との関係性を振り返ってみましょう。

①競争(ガチンコ戦う)
②価値の変化(戦う)
③業種転換(戦わない)
④共創(味方になる)

これだけ変わってきます。

「競争より共創」
「奪い合いより譲り合い」の世界

そんな社会に、
考え方に、
パケマツの在り方に、
2021年にしたいと思います。

実はパケマツは
その世界に向けてもう始動開始しました!

年末に「元・盛和塾」という
同じ学びを共有する3名でzoom会議!

シンギ・田中社長(広島)
キッショウ・吉岡社長(山口)
それと、パケマツ・松浦(徳島)

実は3社ともパッケージ業界。

下手したら戦い合う関係なんですけど
協業の可能性をお話合いしました。

早くこの企画の完成形が
このブログで報告できるように頑張ります!

どうぞ、お楽しみに(^^♪

カテゴリー | パッケージ松浦ネタ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =

ページの上部へ