顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【論理的な文章を書く5stepから、短縮バージョン3stepへの変化】
2020年05月3日

【論理的な文章を書く5stepから、短縮バージョン3stepへの変化】

キャッチコピーライター吉免高志さんから質問を受けました。

「松浦さんのブログはなぜあんなに読みやすいのか?文字量と語り口など、その秘訣を教えてください。」

そん風に感じて貰ってありがとうございます。
それでは、その秘密の基本を公開します。

要点としては3点です。

・読みやすさ
・文字量
・語り口

それぞれ

・読みやすさ→論理的な文章を書く
・文字量→1000文字前後を心がける
・語り口→基本的には口語体

だから、ブログが読みやすいんだと思います。

「いやいや、松浦さん、文字量と語り口はいいよ。
最初の“論理的な文章”が難しいんじゃないか」

という声が聞こえてきそうです!

いやね、でも簡単な方法があるんです。

基本の5stepから、もっと簡単な3stepを紹介しちゃいます。

<論理的な文章を書く5step>

①「私はこう思う」で意見を書く
②「なぜなら」と理由を書く
③「例えば」で具体的に
④「もしも」を使って話を膨らませる
⑤「だから」でまとめる

具体例を出すとこんな感じになります。

①私は健康には食事が大切だと思う。
②なぜなら、食べたもので体ができるからだ。
③例えば、毎日健康的な食事をとると、
健康的になれるだろう。
④もしも、その逆に、毎日脂っこいものばかりを
食べていると、ぶくぶく太っていくだろう。
⑤だから、私は食事に気をつけている。

ね、論理的な文章でしょ。

でもね
5stepを分解して考えると、こんな感じになります。
①~③は抑えておくのですが、

④「もしも」を使って話を膨らませる
この④は無くても文章としては問題ありません。

⑤「だから」でまとめる
この⑤は結局、①とほぼ一緒のことを言えばいいのです。

さっきの具体例文章も
①と⑤はほぼ同じです。

①私は健康には食事が大切だと思う。
⑤だから、私は食事に気をつけている。

つまり、論理的な文章を書く5stepはこのように短縮進化します。

<論理的な文章を書く5step>

①「私はこう思う」で意見を書く
②「なぜなら」と理由を書く
③「例えば」で具体的に
→①に戻って、「だから」でまとめる

ね、意外と簡単でしょう?

この文章の書き方を心がけて、
2016年くらいはずっと文章を書いていたんです。

今では基本から外れて、崩した文章の書き方をするのですが
身についているので、読みやすいんだと思います。

吉免さん、お褒めくださり、ありがとうございます。

吉免さんはYouTubeにてキャッチコピーのつくり方を紹介中!


ターゲットの絞り方を悩む人は
この動画を見てくださいねー。

本日もありがとうございました!!

<追記>


「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」
https://buff.ly/2REwxxs

Amazonで予約受付中!
5月15~18日くらいに届くので、ぜひご予約くださいませ。

あわせて、第2回の出版記念オンラインセミナーも
5月19日に開催させて頂きます。

Facebookイベントページはこちら。
https://www.facebook.com/events/2601298813442281/
参加をクリックして、お待ちくださいませ♪

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 6 =

ページの上部へ